Battle Of Red Shadow On FMO

Front Mission Online U.S.N.軍スコードロンRed Shadowの戦績(仮)

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月24日の戦績

珍しくメンバーのみで10人編成。サッカーが一段落のせいでしょうか。しかしオシムですか…。筆者はオシム監督来日時からの大ファンですが(就任1年目の恐ろしいまでの突撃サッカーに衝撃を受けてから。去年のナビスコカップ決勝も国立で観戦した)、すげぇ気持ちは複雑です。えー、なんの話をしている。編成はアサルト5、EMP2、ECM1、RDメカ2でスタート。

S61
Kamo's nora ○
バランス編成。初期位置に突撃したところレコBを発見し、そのまま落とす。あとは前衛を狩って勝利。

戦場がS68に移動。ECMを2にして、EMPを減らす。

S68
Kamo's nora ○
ミサイルはあまりこなかったような…。普通に押し切って勝ち。

Junk Army ×
中身はRKと隊長が断言しましたが、やはり正解だったらしい。大納言型というかGGU型というか、電磁コートと炎熱コート、MOVを絡めて敵を固めて狭いところでGRを撃つ、というある種の特化編成ですね。で、Redは隊長が隊長なので(w、この日7戦も当たることに(;´Д`)。正直、地形の状況もあって、敵を落とす前に密集でGR撃たれて、メカが救いに来たところで落とされ、という感じで負け方はほぼ同じ。ホワイトリバーでの5戦は書くことに違いがないんで、細かな状況は割愛します。

CanyonCat's ×
レコAB、コムAB入りのミサイル特化。前衛戦に持ち込ませないで勝とういう戦術ですな。高い建物やトンネルのないホワイトリバーでしかできない戦い方かもしれません。ECMカットがさすがにきつく、カクカクでまともな戦闘にならず敗北。

Junk Army ×
上記参照。

Goryuu ○
8人編成。突撃だったかな。ガンダムなアサルトにだいぶ筆者は粘着されましたが、こちらが先にメカを落として勝ち。

Junk Army ×
上記参照。

Crab ×
何機か落とすも、メカがもたずに負けだったかな。正直忘れた(w。

Junk Army ×
上記参照。

Junk Army ×
上記参照。ここまで白河市。途中、色々試行錯誤はしていましたが、やはりグーでパーに勝ちに行くのはほぼ無理でしたね。んで、S69に戦場が変わり、積載ターボ重武器にしようか、と変更。

S69
SQなし ○
普通のBGでした。新兵が多いのか動きがイマイチで、メカから落として終了。

やっぱり積載ターボはRDの溜まりが遅くてつらいということでアサルトを元に戻し、ECMを一枚削ってコムBに変更。

Junk Army ×
コムBの位置取りを間違え、敵進軍中に抜かれてしまうという不運。ただし、平地(森)ということもあって、GRの威力はかなり下がっていることはわかる。やはりMOVやらGRやらで最終的には負けましたが、いくつか戦術を確認することはできました。

Lad Matricaria ○
突撃編成だったかな。野戦になり、前衛を着々と抜いて勝ち。途中コムBが抜かれ、前戦のこともあって、もしかしてここってレーダー範囲だっけ? と疑いましたが、これはどうも単機駆けの敵アサルトに運があった模様。

ここで1人就寝のため9人に。アサルトのコストを上げる。

A.A.T. ×
どこのBGだろう? バランス型で前衛をいくつか捕まえることはできたんですが、こちらの位置取りが悪く、ミサイルがひっきりなしに飛んでくるため、決定的な打撃を与えられず。そのうちECMが倒され、あとはミサイルの雨で敗戦。ミサイル位置から、早めに後衛に手をかけるか、ミサイルの通りにくいポジションに動くかすべきでしたね。わりともったいない負けでした。

Junk Army ○
7戦目。前戦の問題点の修正として慎重にコムを逃し、炎熱、電磁コートで突撃。スイッチを合わせて速攻でメカを抜くと、戦意がくじけたか相手の連携はバラバラに。メカ、同伴コムBを次々抜いていき、今までのツケを払わせる圧勝。こちらは1機も落とされず、サルすらも使わなかったかな。これを白川でできれば…とは思いましたが、まあ、勝ったのでよし。

S68
Crab ○
なんか68にきてるけどーと乱入すると、N戦ですでに2機死んでいた件について。

S69
勇者様 
タイマンしてこーいと言われ、筆者は単機で移動しようとしましたが、やっぱりNが怖くてすごすごと本陣に帰りましたとさ(w。

S70
Crab ○
突撃して前衛を削り、メカ位置に戻ったところでメカにも粘着。こちらもメカ1を落とされましたが、それまでに与えた打撃が大きくほどなく敵メカを落とし勝利。

大納言R ×
戦い方はほぼJunk Army戦と同じ。真っ先に敵メカ2を抜き、コムBに手をかけることができましたが、衝撃耐性だったうえにこちらのARF対策の貫通コートが被ってしまい落とすのに手間取る。その間、こちらのRDメカがGRを避けられず落とされてしまう。筆者は足HPが減ったところで、メカ位置に護衛に帰ろうとしたところ足抜きされてしまい、直後にメカ2も落とされました。このときに、筆者をサルするかメカのどちらかをサルするかで隊長が迷い、結局メカをサル。しかし、一足早くサルされた相手敵メカの建て直しが入ってしまい、押し返されて敗戦。序盤の良さがあったので、非常にもったいない負けでしたが、アサルト陣のメカ抜きの速さはJunk Army戦同様で、十分な破壊力を確認しました。これを続けられれば、かなり相手にとって脅威になるかなと。

戦績:8勝10敗
10敗のうち6敗がJunk ArmyっていうかRK。基本スキルが高いプレイヤーが多く、しかも編成上つらいっていうのがありますが、さすがに負けすぎ(隊長のさすがヒキもありますが)。シビアにいえば、ここを5分にもっていけるようにならないと、SQとしてはダメかもしれません。あとは、つまらない取りこぼしを無くすことかな。アサルトほか前衛の集中力は落ちてないので、今後は編成のアレンジとかその他ジョブのスキルの向上とかをかんばっていくことになりそうです。ともあれ、お疲れ様でした。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://redshadow2006.blog63.fc2.com/tb.php/71-f65e961f

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.