Battle Of Red Shadow On FMO

Front Mission Online U.S.N.軍スコードロンRed Shadowの戦績(仮)

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月30日の戦績

U.S.N.の進軍によって、S18あたりが主戦場。3度の飯より突撃が好きなRedですが、ミサイルが多いことが分かっているセクターなので、対抗策を検討。ミサルト2、ECM3、コムA1、コムB1、レコ1、メカ2。前目のECM以外、全部ミサイル持ちの編成です。ミサルトはインプとラプターを装備し、ECMカット→ミサイル支援で動きます。なお、編成にEMPがないと一気に立場が怪しくなる(w筆者の担当ジョブは内緒。ゲスト様数名を加えて出撃。

S18
OBORO ○
森を進軍して、敵を発見。とにかくECMカットがキモ、ということで前衛は死なない程度に、ECMに粘着。カット報告→ミサイル支援要請がスムーズにいき、一度決壊すると立て直せないほどのミサイルを撃ちまくり勝利。

S11
HostclabBlanche ×
結構来てるから行ってみるかと出撃しましたが、意外と山が多くミサイルが通るかはなんともいえない感じ。平地部分ならミサイルは通りますが、後衛はモロばれだな、という懸念もあるし…。敵と接触後、ECMカットに動いたミサルトが思いっきり胴抜きされて撃墜。サルベージをかけるも、逆に突撃を喰らって、メカ、後衛ともにミサイル支援を満足に行えないまま終わり。えーと、ラグラグ?

S18
Kamo's nora ○
相手もミサイル編成。お互いミサイルの雨を降らせ、PS2処理速度の限界に挑戦。こちらのメカ位置のECMに粘着されて、メカが落とされるも、ミサイルの量なら負けていないないため、前衛を崩して優勢に戻して勝ち。

S.A.S. ○
ECMカットに手間取ったものの、なんとか崩していき勝利。

S.A.S. ×
逆にECMを上手く隠され、前衛が迫れず抜かれてしまう。極端に後ろの重いバランスの悪い編成のため、一度前を抜かれると、後衛のみでこらえるのはまず無理です。

ここで、前衛にガトリングとGRを持たせる編成にチェンジ。ガトリングの長射程でECMを遠目からカットさせようという魂胆です。

HostclabBlanche ×
広場の出口で敵と接触。ECMに遠目からガトリングを浴びせまくるも、上手く混戦に持ち込まれてしまう。ECMカットが甘く、でかいガトリングを抱えた前衛が早々と抜かれて終了。えー、すみません、やっぱりラグラグでした。

D.B.M. ×
接触後、まっしぐらに後衛が狙われてしまい混戦に。サルで立て直すも、前後分断で状況確認に手間取ってしまい、前衛陣の補給ができないミスが出る。後衛のミサイルで何機か落とすも前衛が死亡。残った後衛で、爆撃を出したり、引きミサイルで動いたしましたが、敵メカが残っている状態では、決定的なダメージが入らず結局負け。惜しい感じはあったんですが…。

ここでコムB担当がOUT。時間も遅いし、補充はいれず、9人でそのまま最後の出撃。ただし前衛は最初のインプ搭載型に戻しました。

SQなし ○
向こうもコストがフルではなかったため乱入。双方9人でたぶんコストも同じ。ってか、S.A.S.のアサルトがいたような…。再編BGだったのかな。序盤接触後ECMに粘られてしまい、カットができない状況でしたが、腕盾を破壊してから、なんとかミサイルが通るようになる。あとは押し切って勝利。

戦績:4勝4敗
分かってはいたことですが、ミサイル強すぎ。ここぞの動きや補給でミスって負けたりしましたが、これはBGメンの慣れがあまりないためかと思われます。ただ、正直勝った時のカタルシスはあんまり感じられないなぁ(個人的にはね)。

おっと書きわすれ。
強引さんのブログをリンクに追加。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://redshadow2006.blog63.fc2.com/tb.php/46-a9845922

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.