Battle Of Red Shadow On FMO

Front Mission Online U.S.N.軍スコードロンRed Shadowの戦績(仮)

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月22日の戦績

今日もSQなしの野良BGにて活動(メ、メンバーが…)。編成はシンプルにするか、とアサルト6、EMP1、ECM1、コムB1、RDメカ1。アサルトは積載ターボで両手重武器装備。MG組とSG組に分かれて行動します。細かな作戦にはこだわらない、短期戦片道切符で敵本陣まっしぐらの脳筋仕様です。ほどなくゲスト様で埋まりS19に出撃。

S19
大納言R ○
BGに初戦から強豪か…という空気が流れたものの、思えばこれがよかったかも。炎熱コートを受けた後、なりふり構わずメカに突。ほぼ一瞬にメカ2とコムを撃破。その後相手はこちらの前衛対処と、RDメカの追手に分散したため、逆に戦いやすくなりタゲ絞りながら前衛を落としていき殲滅。こちらも何機か落とされましたが、GRで被害が出る前に前にカタがつけられたのが大きかったですね。つか、重武器強すぎ。これで波に乗りました。

ここでEMPは駆動系BPの意味がないということになり、BP系に変更。

Shooting Star's ○
また強豪か、という感じでしたが、こちらも初突でRDメカ陣をとらえ、DEF×で一蹴。前衛狩りも、耐性合わせのターゲットが決まり完勝。

Crab ×

Gauntlet ○
SSに同じ。コムABがいましたが、爆撃を出す暇すら与えなかったような…。

Canyon Cat's ○
Canyon Cat's ○
メカ3編成ですが、初突でDEFとBP×を狙い撃破。あとは落ち着いて前衛を狩り終了。

Canyon Cat's ○
連敗後さすがに対策を練ってくると思われたため、慎重に接触。予想通りコムAの置き爆がされていましたが、これは避けることができメカ落としを敢行。前2戦と同じ形に持ち込んで終わり。

Crab ×

Cluster ○
多少タゲがばらけたため、自陣に被害がでたものの、こちらの本陣に迫るほどの圧力はなく勝利。

D.B.M. ○
ほぼこれまで同じ形で勝利(すみません、書くことがなくなってきました)。

大納言R ×
初戦と同じく突撃。ややメカを落とすのに時間がかかったのと、足狙いが徹底されていたためコムBを落とし切れず。また戦闘位置が敵初期位置に近かったため、サルベージから合流までが短く、攻撃力で押し切ることができなくなってしまう。そうこうするうちにメカの回復力の差が顕著になって前線維持が困難に。こちらのサルベージも切れ、最後は残戦力で突撃をかけるも終了。この編成だと、やはり粘られると苦しいですね。弾数に不安があるし…。

S.A.S. ×
レコミ編成で、メカに迫るもミサイルの雨で苦しい展開。レコを落とすもサルされて、またミサイルが…。ちょっとタゲがばらついたこともあって、もったいない敗戦。

戦績:8勝4敗
これはもう十分な戦果と言っていいでしょう。BGメンの半分以上ゲスト様なことを考えれば、連携も上々でしたね。とにかく脳汁が出そうなほどの(w、一撃の突進力を堪能しました。短期決戦でこちらの土俵で戦わせれば、攻撃力でかなり優位に持ち込める感じ。参加していた方の腕もよく、危ない場面の切り抜けも◎。またぜひ参加していただきたいです。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://redshadow2006.blog63.fc2.com/tb.php/38-021e347a

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.