Battle Of Red Shadow On FMO

Front Mission Online U.S.N.軍スコードロンRed Shadowの戦績(仮)

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月30日の戦績

U.S.N.の進軍によって、S18あたりが主戦場。3度の飯より突撃が好きなRedですが、ミサイルが多いことが分かっているセクターなので、対抗策を検討。ミサルト2、ECM3、コムA1、コムB1、レコ1、メカ2。前目のECM以外、全部ミサイル持ちの編成です。ミサルトはインプとラプターを装備し、ECMカット→ミサイル支援で動きます。なお、編成にEMPがないと一気に立場が怪しくなる(w筆者の担当ジョブは内緒。ゲスト様数名を加えて出撃。

S18
OBORO ○
森を進軍して、敵を発見。とにかくECMカットがキモ、ということで前衛は死なない程度に、ECMに粘着。カット報告→ミサイル支援要請がスムーズにいき、一度決壊すると立て直せないほどのミサイルを撃ちまくり勝利。

S11
HostclabBlanche ×
結構来てるから行ってみるかと出撃しましたが、意外と山が多くミサイルが通るかはなんともいえない感じ。平地部分ならミサイルは通りますが、後衛はモロばれだな、という懸念もあるし…。敵と接触後、ECMカットに動いたミサルトが思いっきり胴抜きされて撃墜。サルベージをかけるも、逆に突撃を喰らって、メカ、後衛ともにミサイル支援を満足に行えないまま終わり。えーと、ラグラグ?

S18
Kamo's nora ○
相手もミサイル編成。お互いミサイルの雨を降らせ、PS2処理速度の限界に挑戦。こちらのメカ位置のECMに粘着されて、メカが落とされるも、ミサイルの量なら負けていないないため、前衛を崩して優勢に戻して勝ち。

S.A.S. ○
ECMカットに手間取ったものの、なんとか崩していき勝利。

S.A.S. ×
逆にECMを上手く隠され、前衛が迫れず抜かれてしまう。極端に後ろの重いバランスの悪い編成のため、一度前を抜かれると、後衛のみでこらえるのはまず無理です。

ここで、前衛にガトリングとGRを持たせる編成にチェンジ。ガトリングの長射程でECMを遠目からカットさせようという魂胆です。

HostclabBlanche ×
広場の出口で敵と接触。ECMに遠目からガトリングを浴びせまくるも、上手く混戦に持ち込まれてしまう。ECMカットが甘く、でかいガトリングを抱えた前衛が早々と抜かれて終了。えー、すみません、やっぱりラグラグでした。

D.B.M. ×
接触後、まっしぐらに後衛が狙われてしまい混戦に。サルで立て直すも、前後分断で状況確認に手間取ってしまい、前衛陣の補給ができないミスが出る。後衛のミサイルで何機か落とすも前衛が死亡。残った後衛で、爆撃を出したり、引きミサイルで動いたしましたが、敵メカが残っている状態では、決定的なダメージが入らず結局負け。惜しい感じはあったんですが…。

ここでコムB担当がOUT。時間も遅いし、補充はいれず、9人でそのまま最後の出撃。ただし前衛は最初のインプ搭載型に戻しました。

SQなし ○
向こうもコストがフルではなかったため乱入。双方9人でたぶんコストも同じ。ってか、S.A.S.のアサルトがいたような…。再編BGだったのかな。序盤接触後ECMに粘られてしまい、カットができない状況でしたが、腕盾を破壊してから、なんとかミサイルが通るようになる。あとは押し切って勝利。

戦績:4勝4敗
分かってはいたことですが、ミサイル強すぎ。ここぞの動きや補給でミスって負けたりしましたが、これはBGメンの慣れがあまりないためかと思われます。ただ、正直勝った時のカタルシスはあんまり感じられないなぁ(個人的にはね)。

おっと書きわすれ。
強引さんのブログをリンクに追加。
スポンサーサイト

5月29日の戦績

この日は比較的メンバーの集まりもよく、ゲスト様もおなじみの方ばかり。前の日の反省を生かしていこう、ということで積載ターボ重スイッチアサルト突撃編成で臨みます。アサルト6、EMP1、ECM1、RDメカ2。EMPのBPは駆動系にしました。

S19
S.H.B.W.D ○
おそらくバランス編成だろう、と読んで倉庫へ。マーカー役の前衛が散発的に倉庫内にくるため、MOVで足止めして撃墜、倉庫へ撤収を繰り返す。爆撃は倉庫間の移動で何とか避け(つっても筆者はまた当たりましたがw)、機を見て倉庫横に陣取っていたメカを落としてしまい、諦めた後衛が投降してきて終了。弾数にやや不安があるものの、迎撃戦も可能という手ごたえを得ました。

すごなに △
前日別BGで戦ったメンバーから、ミサイル流星群オンラインであることを聞いていたので、すぐに倉庫へ直行。予想通り、ひっきりなしにミサイルが飛んでくるため、ECM1枚で出て戦うのまず無理と判断、引き分けもやむなしということで、ひたすら立てこもる。前戦と同じく、マーカーに来た前衛を削り倉庫間を移動。前衛が装備するガトリングガンで倉庫内も撃ちまくられるが、そこは我慢(w。結局20分消費の引き分けでしたが、前衛を削れたため(サルベージで復旧)、まあ悪くなかったかなと。

大納言R ○
コート位置を見て市街地にいる敵を確認。慎重に接近して突撃。MOV攻撃を喰らうも、DEF×からメカ、コムB、メカと撃墜に成功。残る前衛のHPを消耗させながら、サルされたメカ1を追って丘へ。すばやくフォローに向かったECM(とメカもかな?)からのミサイルを浴びて、何機か落とされたけど再度メカを倒して掃討戦→終了。こちらのメカ陣に圧力があまりかからず、まずまずの勝利でした。筆者は序盤に速攻でMOVを喰らい、迷った末にシフトして逃走。その後のDEF入れに苦労しました。

Metal Bee ○
7人BGだったかな。コストを振ったGRアサルトがいて脅威でしたが、なんとか迎撃戦に持ち込み勝利。

Wonder Papets ○
ここもミサイル支援BGなのが明らかなので倉庫へ。すごなにのような遠距離射撃武器を持っておらず、また安易にマーカーが近寄ってくることもないため、爆撃避けもそれほど神経質にならず。そのため倉庫内では雑談BGと化していましたが(w。とにかく耐えること19分。そこから倉庫前に陣取ったメカ2に突を敢行。ECMのシフトでミサイルに耐えて、メカに集中攻撃。残り数秒でなんとか撃墜し勝利。○○○さんの奥様からも拍手をいただけたほどの(w、納得の勝利でした。

Wonder Papets ×
またか、という空気が流れたもののとにかく倉庫へ。思えばこれがちょっと安易でした。さすがに対策を練られていたようで、爆撃の倉庫移動の裏をつかれてしまい、避けたと思った先でほとんどがフルヒット。当然、前衛が乗り込んできて追い返せず敗北。避け方をもっと工夫すれば…。

SQなし ○
編成はRKそっくりでしたが、違ったようです。接触後、ミサイラーがいないことを確認してECMをメカ護衛に残し、こちらは残り全機でRDメカに突撃。狭いビル裏で相互に入った敵メカに無理やり粘着し、2機撃墜。こちらもほどなくRDメカが落とされましたが、それまでに敵前衛を消耗させることができたため、あとは終始優位に戦闘を展開して終了。白いRDメカはどこかで見たことがあったんですが、合同BGかな?

Cluster ○
形どおり敵メカ位置を見つけて突撃。無難に勝利、だったかと。

戦績:6勝1敗1分
えー、待てないBGのあだ名を返上するような(w、我慢強い戦いができましたね。戦績もよかったし、突撃編成でも上手く戦えば迎撃もできるという手ごたえもあり、収穫も多かったかと。なにより、ここ数日の悪い雰囲気を払拭できたのが大きいです。この調子で残り2日、蛙獲得まで頑張りましょー。

あと、ゲスト参加のLiquid.VisionさんがSQメンとして参加していただけることになりました。rykzと掛け持ちですが、これは心強いです。今後ともよろしく!

※私信のコーナー※
PL15おめっとー。時間があるときには自分もミニトンへ行くんで、それまで頑張ってPvPをどんどんやってみてねん。ここまできたら、激戦区まであと少し!

5月28日の戦績

夕方に占領区で少し遊んで、夜に再集合。例によってゲスト様は強力な方々に来ていただきました。編成はアサルト6、EMP1、ECM1、RMメカ2のS19用編成。

S19
Sergent Freaks ○
コムA、Bのミサイルの雨を避けてメカ落とし。これはあっさり決まり、あとは前衛狩り→後衛で勝利。

OBORO ×
敵接触後に後衛を探すと、ミサイルの方向から丘上にいることを発見。前衛で迫ろうと動くも、ECMをカットされ恐ろしい数のミサイルが。EMCが落とされ、態勢を立て直す余裕もなく終わり。デブリを見ると、丘上にはコムAB、レコ+後衛用メカ…。どう考えても戦い方のミスでした。

Black Sky ×
ここも前戦と同様、ECMカットからのミサイルの雨でまともな勝負ならず。

MS支援BGが多いので、EMP→ECMに変更。

Hage-Strike ×
ECMに変えたとたん、突編成BGに当たる罠。完全な野戦になったんですが、こちらにEMPがいないなかで貫通コートを切れ目なくかけられ(耐性は衝撃)、満足なダメージが入らず。こちらのタゲ絞りもグダグダで、どうにもならず負け。

編成変更でEMPを戻し、アサルトをレコルトにする。

SQなし ○
サットでコムを発見。追いかけるも結局追いつけず。追跡中に、敵前衛に追いつかれて戦闘開始。アサルト1機をそのままコムの追撃をさせて撃墜。ほかの敵はメカ狙いを集中させて何とか押し切り勝ち。

ここで、EMPを2に。またアサルト陣は、加速ターボに変更。

大納言R ×
大納言R ×
護衛EMP落としを徹底して実行するも、その後が続かず負け。

D.B.M. ×
Passion Fruite ×
Gauntlet ×
どれもタゲ絞りの甘さと、ミス多発で3連敗(てか5連敗か)。途中で編成変えたりとかしたんですが、個々の戦闘について、もはや記憶に残っていないほど…orz。

戦績:2勝8敗
大厄日。いや、実際惜しい負けもなくはなかったですが、とにかく流れが掴めないことおびただしく、編成チェンジが裏目裏目と、参加してくださったゲスト様には大変申し訳ない惨状でございました。ゲスト様の力を考えれば、これは申し開きのできない成績です。

やっぱり、出撃マップによって多少のアレンジはあるにせよ、ある程度編成を固定してその日一日を戦わないと、プレイ感覚的にもノってこないし連携も途切れがちになるのかなと。もちろん連敗ですっぱり編成を変えるってのもありで、ここの判断は難しいところなんですが。ともあれ負けは負け。ここから何か得ないと、一向に前に進めませんので、できる限りのことはしていかないと、ですね。

5月27日の戦績

S26の状況でS19がC40になったため、突撃編成(アサルト6、EMP1、ECM1、RDメカ1、コムB1)で出撃。この日もゲスト様にヘルプをいただきました。

S19
SR ○
突撃後に敵メカ2体が見えない(?)状況が発覚。筆者も見えず、VC報告が錯綜してタゲがバラバラの混戦に。混戦のとりあえず力押ししてなんとか乗り切って勝ち。

SQなし ×
突撃後敵RDメカ2体にDEFとBP×をそれぞれ入れて撃墜。ところがこちらのコムBが発見されて、落とされる。コムBが落とされるのは、想定範囲だったんですが、コムBに向かった敵が戻ってくる前に、前衛が狩りが進まず手痛い反撃を受けこちらのRDメカも落とされてしまう。あとはお互い消耗戦だったんですが、フリーのスナイパーがいたらしく(誰も粘着できてなかった)、結局逆転負け。その後、きっしーBGだったことを確認。RDメカを速攻で落とせても、これでは胸を張れませんね…。

STREGA ○
敵メカ位置を確認しようと突っ込むと、逆にこちらも突撃を受ける格好で戦闘開始。前衛を少し削っても、メカ位置に戻らない、逃げる方向にメカがいないということがわかり、メカなし編成に気付きました。その間かなり打撃を受けましたが、なんとか立て直して押し返し勝利。RDメカが生き残れたのが大きかった。

SQなし ○
1Pに乱入を受け、増えるのかなぁと待ってみましたが勇者様でした。

ここで、主戦場がS26に移動したため、編成チェンジ。アサルト4、ECM2、RDメカ1、コムA1、コムB1、レコB1。

S26
すごなに ×
敵位置の動きに反応して前衛後衛に分けて後衛を強襲するつもりが、移動指示が混乱してばらけてしまう。移動しにくいマップで、まとまれずに交戦する羽目に。そのうちECMが落とされてしまい、ミサイルに前衛がこらえられず負け。

Crab ×
Canyon Cat's ×
今度は落ち着いて後衛を分けてECMカットを中心に動く。MS支援も入り、前衛をいくつか落としたところで、コムAの補給が通らない状況に陥る。支援要請はかぶっていないはずなんですが…。サルベージで押し返されてしまい、前衛が逆に削られ負け。

Wonder Papets △
お互い後衛が重い編成でのにらみ合い。コートを受けた直後に敵から突撃。前衛で食い止めるも、RDで後衛に迫られた上にミサイルを当てられ、こちらの後衛が壊滅。その代り退却できなかった敵前衛を削ることに成功し、メカも減らすことに成功。敵後衛の残り+メカ1+ECM、こちらはRDメカ、ECM2、アサルト3。お互い態勢を立て直して交戦し直すも、弾数が少ないのと耐性が合わないこともあって、結局状況が変わらずノーコンテスト。残戦力を考えると、やや惜しい引き分け。

さらに攻め込まれたため、S33に移動。突撃編成に戻してアサルト6、RDメカ2、EMP1、ECM1に。

S33
SQなし ×
想定RK。進軍中に敵を発見し後ろから突るも混乱中にいなされてしまい、結果メカにも迫れず。うーむ、前衛戦ではどうしても押し切ることができないなぁ。

Trinity -G.W.K.- ×
接触後に逃げるコムBを発見し落とし、さらにRDメカに迫るもギリギリ(デブリをみるとホントにあと数ミリw)のところで回復されてしまう。そこから押し返されて逆転負け。耐性合わせのためタゲ報告がうまく機能していなかったのこと、混乱中に敵メカを見失ってしまったのがまずかったです。

Wonder Papet ○
バランス編成なのはわかっているので、なるべく有利な場所に引き込んで戦闘開始。今度はメカも狩れた上、敵前衛を確実に狩って勝ち。こちらのテイカーがGJでした。

Shooting Star's ×
新入隊員Jyojyoの気合も入るSS戦(w。前戦と同じく有利な位置で待っていたんですが、一向に出てこない。敵のコートは見えるものの、レコがいなかったためかこちらも発見されず。10分越えてさすがにまずいと思い、こちらからも進軍しましたが、結局出会ったのは14、5分過ぎ。もう、お互い何やっテンダスという感じですが、このあとにこちらのRDメカ1機が回線落ちorz。交戦直後にばらけて突ってしまったこともあって、RDメカ1の回復では間に合わず、混乱のうちに敗戦。

Meeres Delphin ×
敵はエアストを絡めた爆突編成。序盤にエアストで削られてしまい、粘りながら反撃をするも、どうもタゲが絞りきれず。RDメカは川岸で驚異的にこらえていましたが、最後の最後でエアストに捕まり終了。

戦績:3勝8敗1分(勇者様除く)
マップの移り変わりで編成を多くいじったため、ちょっとBG全体の意識がそれぞれのジョブにまとまらない感じだったかもしれません。特にRed(SQないけど)は比較的色々な編成を試しているので、編成もろもろでその日の悪い流れをいかに立て直すかは、大きなテーマかと思います。ちょっと負けがこんでしまったのは残念ですが、この日の反省からなんとかリベンジしたいですね。ゲストの皆様ありがとうでした。

で、この日からJyojyo.Takitateさんが加入しました。よろしくです! もうしばらくはSQなしでの活動となるでしょうが、なんとかRed再建(ぉ)のためにがんばってきましょー。

5月26日の戦績

今日もゲスト様の募集からスタート…ですが、お馴染み様の援軍を受けて出撃?。編成はアサルト4、EMP2、ECM1、メカ2、リムメカ1。待ちの引き込みで戦おうという志向です。

S33
OBORO ×
初戦でしたが、メカの相互が遅れて撃墜。前衛のタゲもばらばらで狩られてしまい敗戦。ちょっと連携に不手際が多かったです。

Sergent Freaks ×
序盤にこちらのアサルト指揮者がエアストライクを読みきれずに撃墜、EMPが壁ロケを避けられずに撃墜…はい、隊長と筆者ですorz。その後は戦力差でずるずると押さえ込まれてしまい負け。うーむ。

S.H.B.D.W ×
編成の狙いとして、敵の集まったところでアサルトがGRを狙うというのがあったのですが、敵本陣への距離のとり方、あるいは相互で耐える味方メカに群がる敵に…というタイミングがとれず。逆に敵アサルトに振り回されて負け。胴抜きうまい。

S26
SQなし ×
想定RK。ここと戦うときはいつも思うんですが、本陣帰還の見切りが非常に素晴らしい。MOVを狙う、あるいはタゲ絞りをしても、MOVの入るぎりぎりか胴HP500台程度で下がっていく徹底さ。前衛が少しずつ狩られて負け。

ここでリムメカ編成を諦めて、突撃に変更。アサルト6、RDメカ1、ECM1、EMP1、コムB1。アサルトは積載ターボの重スイッチ。例の片道切符編成です。

SQなし ○
上記とは別のBG。メカに突→ごり押しで撃墜。残りも順調に狩って終了。さすがの破壊力です。5戦目でようやく初勝利。やはりRedに小細工はあまり…(w。

ヨワインジャー ○
ここも亡命ですね。片道切符の破壊力で押し切って勝ち。

HostclabBlanche ×
えー、ここも亡命されたんでしたっけ。多いですね。回線はラグラグのなか突撃をして敵メカを落とすも、ラジBのサルで回収されてしまい、逆転。ここも胴抜きがうまいです。

HostclabBlanche ×
再戦ですが、サル位置を引き離すべく待ちに変更。コートを常にかけながらの戦いですが、ECMが落とされあたりからだいぶ崩されてしまい、前衛の踏ん張りも空しくしまい負け。

ここでミーティング。前衛の破壊力と耐性合わせをきちんとすれば、DEFやBP×はいらないだろう、むしろサル数を増やしてみようということで、EMPを削りコムBを追加して2に。ただ筆者のコムレベルは××なので、EMP→アサルト、アサルト→コムBに。前線で筆者がアサルトやるの初めてだったりします。つか、統制区で10ぐらいまで上げたあと、まったくやっていなかったような気が…(おぃ。

S26
大納言R ○
さーて開幕と思ったら、なぜかジョブコムのアサルトが…。乗り換え忘れだそうですw。まあ、アサルト7ならなんとかできるかと無理やり突。メカ→メカ→コムBと速攻で落とし、周辺の前衛を耐性に合わせて削り完勝。GRのタイミングを取らせなかったのが勝因でしょう。またRDメカの回復も順調で、ほぼ危ない局面なしでした。

S33
SHOCK OCU ○
あ、ここも亡命組ですね。稲妻さんとこは、野良時代に何度かお邪魔したなぁ。最近U.S.N.ではメカニッカーズなどを試されていたので、どういう編成か見極めてみようということに。コートをもらいつつ8分過ぎまで接触しなかったんですが、結局は普通のスタイルだった模様。市街地では敵メカの位置が見つけられないとこの編成では苦しいんですが、発見できればしめたもの。力押しでメカを落としてしまい、そのあとは態勢を整えながら前衛を狩って終了。

大納言R ○
さて2戦目。今度は市街地だし、やはり敵メカごとGRで焼かれないように警戒して炎熱コート、貫通コートを念入りに要請。大納言はいつも4脚+コムB随伴なので発見から突撃までは楽。そこからメカとコムをどのぐらい早く殺れるかが鍵でしたが、足抜きとMOVに注意して本陣を壊滅→サルと合流されるまえに前衛を狩って、圧勝でした。筆者は、ほぼ勝負が決まったあとにスワルトをしていたら、反撃を思いっきりくらって撃墜(ヘボっ)。サルベージ直後の画面反転でなぜかFMOのアプリが落ちてしまい、戻ったころには戦闘終了。勝ったのに経験値が入りませんでした。ああ。

SQなし ×
想定RK。初突でRDメカを探すと、狭い路地に隠れているのを発見。満足な射線が取れずにこらえられてしまい、敵メカを追った前衛から足抜き胴抜きで次々撃破される。コムB2機でサルをしまくるものの、いかんせん戦力の集中ができずに時間だけが過ぎていく格好でした。最後は10?1で判定負け。筆者はまたもサル時の画面反転中に(今度はPOLアプリごと)強制終了してしまい、戻ったころはなぜか2度目の死亡…orz。まあ、戦局にあまり影響はなかったみたいですが。

SHOCK OCU ○
前回と同じく、接触後にメカに突。こちらの土俵で戦闘ができさえすれば、前衛の破壊力で持っていけるのがこの編成の良いところ。後は終始有利に流れをとらえて勝利。

SQなし ×
想定RK。この日3戦目。やはり積載のために足をもろくしているところきちんと狙っていきますね。最初に敵メカに迫れないと、あとはタゲがばらつくばかりで、押し切られてしまいます…。今回はサルしてもしかたないので、後衛もすぐ投降して終了。

BURIKI-ONE ○
知らないBGですが、どこかの固定のサブSQかな? この時間になると、さすがこちらの連携もばっちりで、メカ落しからVCのタゲ指定まで流れるようにスムーズ。前衛6機とも無傷の勝利。

戦績:7勝8敗
最初に4連敗してどうかと思いましたが、最後にまくってなんとかこの戦績です。RKに3敗しましたが、大納言には2戦2勝と最近にはない戦果。編成の力、ゲスト様の力もありますが、得意な形にもっていかれなければ、なんとかなるという手ごたえは感じました。一方でRKの手ごわさも非常によく分かった一日ですね。胴抜きスゴス。

…しかし、筆者アサルトヘタすぎ(w。この日はコムBのサル能力をフルに使っていただいた、というかなんというか。もうちっと、アサルトの基本的な動きを少数セクターとかで練習しないとダメっぽい感じです。でも、EPMと違った楽しさがあるのはわかりました。とくに重武器で逃げる敵にエイムが決まると、けっこう快感です。EMPのときはオマケみたいな武器しか持ってないからね(w。

あと、隊長のO.C.U.時代の盟友が亡命してきて、27日からRedに参加することに決まったそうです。しかも凄腕、とのことでこれは期待大です。プルトさんも6月から本格復帰との情報もあり、ようやくSQ活動再始動になりそうかな。

5月25日の戦績

この日はSQメンバー集合率が最低記録を更新してしまったため、ゲストに集まっていただくまで、だいぶ時間がかかりました。編成はアサルト4、EMP2、ECM1、メカ3。アサルト4とEMP1にはGRを持たせる布陣です。

S33
SQなし ×
移動にややミスがあり、動きが混乱したところにRKを打ち込まれて負け。

SQなし ○
同じBG。今度はMOVで前衛を削って、メカ位置戻ったところでGRの斉射を浴びせて勝ち。

S.A.S. ○
MOVを絡めて…というかMOVだけで、敵前衛のほとんどを刈り取って終了。MOV報告で、力強く寄せるアサルト陣がなかなかでした。

SQなし ○
上と同じBG。前2戦が9人だったのが10人になってた。でも、戦い方はかわらず、メカ位置にGRをぶつけて終了。

Canyon Cat's ×
メカ3編成でこちらとほぼ同じ。待ち同士ながら、誘いにのってこちらから動いてみる。メカ3位置にGRを砲撃するも、向こうからのGRの応射を前衛がモロに喰らってしまい半壊。両方のメカ位置が詰まっていたため立て直せず負け。

SQなし ○
4戦目。メモに勝敗以外の記述がないんですが…たぶん同じ形で勝ったんだと思います。

Trinity -G.W.K.- ○
序盤突を受けたましたが、ややバラバラな感じ。メカ3で凌いで反撃して勝ち。

Canyon Cat's ×
散開してメカ位置にGRを狙うも、またしてもGRの反撃で負け。どうも敵GR持ちアサルトがビル間に隠れていたのか、かなりフリーだった模様。

Trinity -G.W.K.- ×
こちらのGRが味方を巻き込んだりのミスが出てしまい、押し切られて負け。

Trinity -G.W.K.- ○
今度はMOVをしぶとく入れて前衛から狩り、十分な圧力差を維持して勝ち。

戦績:6勝4敗
戦果はまずまずかな。やたら同じBGに出会う日でしたが…。CCに2敗したのが惜しかった。あと、EMP2編成は、MOVが入りやすくていいなぁ(w。参加していただいたゲスト様のEMPも上手かったため、そこらじゅうで「○番ムーブ!」のVCが聞こえていました。

あと、ゲスト参加していただいたKeroroさんが、Redに入隊しました! SQ活動のきつい時期に、力強いメンバーです。一緒に頑張りましょう!

5月24日の戦績

「待てないBG」の異名をとる(嘘)ぐらい突撃志向が強いRedですが、久方ぶりにバランスを選択。アサルト3、EMP1、ECM2、レコB1、コムA1。強力な方々に援軍で参加していただき、テンション高めで出撃。なお、SQはなし。

S32
SQなし ○
推定RK。こちらが最初に要請したエアストライクがメガヒット。機を逃さずミサイル支援とタゲ絞りで押し切り完勝。

Cluster ×
序盤にコムAが発見されてしまい、撃墜される苦しい展開。ミサイル支援をするも、弾丸補給が行えない状況で粘られしまい結局負け。

S33
Shooting Star's ○
前衛はECMカット、後衛は敵後衛をサーチしつつミサイル支援。コムB発見から撃墜までもっていけたため、終始優位に展開でき勝ち。

Wonder Papets ○
同じバランス編成。レコ、コムを発見して撃破。あとは、ミサイル支援で楽な戦いに持ち込み完勝。

Cluster ×
ECMカットに動くものの、相手ジェットパックミサイラー他からのミサイルもきつく一進一退。こちらの前衛とECMが根負けし、押し切られて負け。

S32
Wonder Papets ○
後衛ECMにRKを持たせみると、面白いように当たった(w。

大納言 ×
今までの経験で、そのまま漫然と戦闘に入ってもほぼ見切られてしまうのが分かるため、GR持ちの敵前衛を巻き込むべく自陣爆を狙う。数名巻き込むことに成功するも、ECMカットが入らず、帰陣されてしまい体勢を立て直され負け。ミサイルの当たらない本陣の位置取りとか、さすがと思いましたね。

S33
大納言 ×
裏をかいてみる、ということで(w、大踊りにメカを配置し、もう一度自陣爆を狙う。これがフルヒット。敵メカ位置に戻った前衛に、後衛ECMからRKで追撃をかけかなりの押し込みをみせる。コムB、メカと落としにいくが、ダンゴの最中に相互をうまくやられてしまい、逆にこちらの押し上げたメカが落とされ無念の惜敗。RK追い込みでかなり被害出たところで流れをつかんだと思ったんですが、その後敵メカを落とせなかったのが残念でたまりません。テイカーが河にいたのか、うまくミサイル支援が入らなかったのも敗因か。

S32
大納言 ×
初突のメカ陣への圧力に絶えられず、落とされてしまいあっさり負け。「序盤、敵の移動が上手かった」というメモが残っています。

Crab ○
レコで索敵すると耐性は炎熱ではなくECMありと、いつもとは違う編成だった模様。コムB等の後衛もいないことが分かったため、慎重に引き込みながら、定石どおりECM粘着、MOV狙い→RDメカつり出しという動きで、まずは前衛狩り。1、2機削るとECMが前線を支えきれなくなったのか、その後は総崩れ。こちらは1機も被害がなく、最後はRDメカを捕まえて勝ち。ふーむ…?

Gauntlet ○
接触後メカ突されて抑えきれず、結局メカ陣を失うも、引き換えに敵EMCを撃破。ミサイル支援を受けながら、弱っている敵から少しずつ抜いて完勝。こちらはメカが落ちているため、トンネルに籠もられたらまずかったんですが、真っ向勝負に来てくれて助かった形です。

戦績:6勝5敗
あれ? なんか1戦抜けてる気もするけど、メモどおりでいいのかな。やはり、大納言戦3連敗が痛いですが、個人的には、戦っていて自分の動き、BGの動きを色々考えさせられる相手と思ってます。こちらの編成が何であれ、勝つためにやるべきことを明確にしないとまず勝てないという意味では、O.C.U.の中でも指折りでしょう。とはいえ、星取勘定でいえば大幅赤字なので、少しずつでもこの借りは返したいのココロ(w。その他の戦闘内容もこの日はまずまずかな。ゲスト様の力もありましたが、最後までテンションが落ちず、楽しい一日でした。

※どうでもいいコーナー※
ジャマーレベルがやっと50になりました。わーい。Red入隊時は28だったんで、比較的早かった…のかな。入隊3日目に隊長と一緒に誘われて、○ー○○o○に参加したのがいい思い出です。あれで目からウロコが落ちて、その後みんなに鍛えまくられて今に至ります(w。いまでこそ、そこそこ動けるようになったと思ってますが、ヘボチンなころから我慢してEMPを任せてくれた隊長とメンバーのみんなに感謝!

5月23日の戦績

22日と同じく重武器スイッチ編成で、と考えましたが、予想される出撃マップが市街地S33。しかも敵レーダー範囲ということで、コムBを逃がすことができないため、どうしようかと検討。結局、とにかくやってみようということで変わらずアサルト6、EMP1、ECM1、RDメカ1、コムB1。例によってSQなし。

S25
Creymoa ○
きてるね、ということで出撃。突撃の破壊力で勝ったものも、ややタゲがばらけたのと、ミサイルの雨が厳しかったので、こちらの被害もそれなり。ジェットパックのミサイラーがいたとのこと。渋い。

S33
Voice Of Cober ×
ミサイルがきつく、討ち取られ。

SQなし ○
SQないけど、機体カラーは白で統一。どこだろう?

SQなし ×
SQないけど、大納言でした。メカは落とせたものの、コムBの撃墜に時間がかかり、結局メカ2体両方ともサルされてしまい、押し切られる。

S32
Wonder Papet ×
ミサイルが厳しい。ある程度わかってはいたものの、この編成はバランスだと非常きっついです。

ここでアサルトを減らしてECM2に変更。

SQなし ×
想定RK。初突で敵メカを発見できず、うろうろしている間に前衛を削られる。

Crab ×
SQなし ×
想定RK。上に同じ。

Canyon Cat'S ×
メカ3とダンゴでの殴りあいになるが、こちらのDEFをWEPで上書きを繰り返され、決定的なダメが入らず厳しい展開。どうにかコムBを落とし前衛を削るが、長丁場の戦いで回復が間に合わず、少しずつこちらの前衛が落とされる。結局6-7の判定負け。

戦績:2勝7敗
地形や編成の状況を考えると仕方ない部分もありますが、それでも負けが多いですね。惜しい負けもあるんですが…。初突を凌がれた先の戦い方や、編成のアレンジなどで考えることは多そうです。筆者もアイデアがあるんで、これはBGで試してみたいところ。あと、22日と比較すると、やっぱり勢いも大切だな、と思いますね(w。

…テラーン取れるのかなぁ。

5月22日の戦績

今日もSQなしの野良BGにて活動(メ、メンバーが…)。編成はシンプルにするか、とアサルト6、EMP1、ECM1、コムB1、RDメカ1。アサルトは積載ターボで両手重武器装備。MG組とSG組に分かれて行動します。細かな作戦にはこだわらない、短期戦片道切符で敵本陣まっしぐらの脳筋仕様です。ほどなくゲスト様で埋まりS19に出撃。

S19
大納言R ○
BGに初戦から強豪か…という空気が流れたものの、思えばこれがよかったかも。炎熱コートを受けた後、なりふり構わずメカに突。ほぼ一瞬にメカ2とコムを撃破。その後相手はこちらの前衛対処と、RDメカの追手に分散したため、逆に戦いやすくなりタゲ絞りながら前衛を落としていき殲滅。こちらも何機か落とされましたが、GRで被害が出る前に前にカタがつけられたのが大きかったですね。つか、重武器強すぎ。これで波に乗りました。

ここでEMPは駆動系BPの意味がないということになり、BP系に変更。

Shooting Star's ○
また強豪か、という感じでしたが、こちらも初突でRDメカ陣をとらえ、DEF×で一蹴。前衛狩りも、耐性合わせのターゲットが決まり完勝。

Crab ×

Gauntlet ○
SSに同じ。コムABがいましたが、爆撃を出す暇すら与えなかったような…。

Canyon Cat's ○
Canyon Cat's ○
メカ3編成ですが、初突でDEFとBP×を狙い撃破。あとは落ち着いて前衛を狩り終了。

Canyon Cat's ○
連敗後さすがに対策を練ってくると思われたため、慎重に接触。予想通りコムAの置き爆がされていましたが、これは避けることができメカ落としを敢行。前2戦と同じ形に持ち込んで終わり。

Crab ×

Cluster ○
多少タゲがばらけたため、自陣に被害がでたものの、こちらの本陣に迫るほどの圧力はなく勝利。

D.B.M. ○
ほぼこれまで同じ形で勝利(すみません、書くことがなくなってきました)。

大納言R ×
初戦と同じく突撃。ややメカを落とすのに時間がかかったのと、足狙いが徹底されていたためコムBを落とし切れず。また戦闘位置が敵初期位置に近かったため、サルベージから合流までが短く、攻撃力で押し切ることができなくなってしまう。そうこうするうちにメカの回復力の差が顕著になって前線維持が困難に。こちらのサルベージも切れ、最後は残戦力で突撃をかけるも終了。この編成だと、やはり粘られると苦しいですね。弾数に不安があるし…。

S.A.S. ×
レコミ編成で、メカに迫るもミサイルの雨で苦しい展開。レコを落とすもサルされて、またミサイルが…。ちょっとタゲがばらついたこともあって、もったいない敗戦。

戦績:8勝4敗
これはもう十分な戦果と言っていいでしょう。BGメンの半分以上ゲスト様なことを考えれば、連携も上々でしたね。とにかく脳汁が出そうなほどの(w、一撃の突進力を堪能しました。短期決戦でこちらの土俵で戦わせれば、攻撃力でかなり優位に持ち込める感じ。参加していた方の腕もよく、危ない場面の切り抜けも◎。またぜひ参加していただきたいです。

5月21日の戦績

夕方インすると、えっじさんがBZ+GRの実験編成でBGを立てていたので参加(隊長も来た)。アサルト3、EMP1、ECM1、メカ3、コムA1、コムB1。基本的にどのジョブもBZかGR(あるいは両方。あ、ARFもいたかな?)を持つという編成です。コムももちろん随伴型。筆者は40kメカ胴EMP+BZだったんですが…BZってこんなまっすぐ飛ばないものなんですか、知りませんでした(てか、知らないこと多すぎw)。

S33に出撃。最初は機動力のなさを補う連携が難しく、いつの間にかアサルトと本陣が分断されて負けたりしましたが、慣れると火力の高さを生かして押す展開になり、最終的には腕もげ多数をじわじわ追い詰める形になります(w。これは非常に面白い。40kでRDできないEMPは、障害の入るぎりぎりで逃げられたりして難しいです。結果は3勝3敗ぐらいだったかな。

夜は、えっじさんとちょこっとミサイル基地に行ったんですが、メンバーも来ないため解散して、筆者はインサニティにお邪魔してました。まったく知人がいない(インサニ固定でRedのメンバーでもあるShuraさんもインしてなかった)ところでEMPやるのは久しぶりで、キンチョーしましたが…。S19に出撃。面子はインサニメンバー+某強固定メンバーの方々+その他って感じで、アサルト5、EMP1、ECM2、RDメカ2の脳筋編成。

…いやぁ、強い強い。途中で筆者はおいとましましたが、そこまでで7勝2敗。で、なにが驚いたかってVC全然使わない(持ってる方も半分ぐらい、しかもBGに合わせてしゃべらない)。もちろんマクロで指示が飛びますが(これはこれでとても的確)、さらにマクロなしでも、きちんとメカに詰めていく、あるいは後衛を確認して連携で撃破する、RDメカがやばい味方を救出するといったあたりの状況判断の上手さに惚れました(w。移動中の敵メカを強襲して、ものの数秒で落とした(筆者がDEF×入れるまでもなかった)ときは、まさに脳筋これにありって感じでデブリ見て笑ってしまいました。また機会があれば参加したいですね。

あ、対戦したClusterがBZ編成しててちょっとウケた(時間がかかったけど勝ち)。

5月20日の戦績

隊長が夜インしないことが事前にわかっていたので、さてどうしようかとスクランブルボードの前でぼーっとしていると、Vaiさんからテルがあり、固定活動を再開されたALSにお邪魔しました。

訓練場で、C5アサルトを使ったバトロワを軽く行って(筆者がアサルトドヘタなのがばれますなw)から出撃開始。筆者は例によってEMP。最初の数戦は、連携の確認もあってやや動きが固いかなという感じ。しかし戦闘を繰り返すごとに徐々に連携が良くなって、これはさすがだなぁと感じていました。特にVCの指示や状況説明が的確で、タゲ指示等連携とHP管理でだいぶ助かりました。障害報告の反応も多くて、やってて非常に楽しかったです。お互い、U.S.N.の前線を支えるべく頑張っていきましょう。ぜひまた誘ってくださいませ。

で、その後えっじさんが野良BGを立てたので参加。内メンバーは3人だったかな。アサルト4、EMC1、EMP2、メカ2、コムB1。

S26
PuiPui ○
突撃編成の敵。丘上でぶつかり合いになってちょっとひやっとしたけど、相手はRDメカだったため、捕らえてなんとか撃破。こちらもほどなくメカを落とされて、前衛勝負になったけど、被害の差で押し切り勝ち。

S19
大納言R ×
メカと護衛EMPを倉庫に配置して、他は相手本陣を狙うもGRの雨で序盤削られる。GRが切れた以降は、殲滅戦という感じでやはり数の差で押し切られる。そこそこ粘れたので、まあよしとしよう。

S26
S.A.S. ×
敵機確認後、お互い丘上でにらみ合いになり膠着。無為に時間を流しても…と、コムABをやるべく突ってみましたが、いなされてしまいミサイルでジリ貧。タゲがばらけちゃったなぁ、という感じでした。

戦績:1勝2敗
当たり前ですが、VC持ちとそうでない人の情報シェアが難しいです。筆者もついマクロ出すの忘れがちになるし…。

5月19日戦績

というわけで、しばらくSQなしの野良BG(筆者は野良ってを言葉を使うのはあまり好きではないんですが、言い換えるいい言葉がないですな)として活動することに。編成はアサルト4、ECM1、EMP1、メカ2、レコB1、コムA1。はい、バランスです。野良さん多めでなので、勝敗は少々目をつぶるしかないか、といった感じでした。なお、中盤でメモを取るのを止めて、ミーティング時に記憶で再構築したので、抜けや間違いがあるかも。

S26
Ace Of Haert ×
Cluster ×
SQなし ○
Hage-Strike ×

たしかここでS19にいったはず。

S19
Canyon Cats ×
この日Canyon Catsが勝てたのはうちだけだった模様…。

SQなし ×
推定RK。

SQなし ×
推定RK。

SQなし ○
推定RK。とにかくECMに粘着、ということを徹底。中盤に運良くメカ位置に戻らせずECM撃破に成功。ここで態勢を立て直し、敵本体に合流しようとしたレコBを発見しMOVで足止め→撃破。あとは、ミサイル支援で押し切り勝ち。いやっっほおぉおお! 勝てました。勝てましたよ! Red純メンバーでもほとんど勝ったことないのに(w。このときは、みんなの動きがホントによかった。

SQなし ×
推定RK。4戦目です(w。さすがに連勝させてはくれませんね。

Cluster ×
Hage-Strike ×
大納言 ×
ARF→MOV→GRと完成された動きに対抗するには、やはりBGの練度が…。ただ、意図をもって本陣に引き込みエアストライクを狙ったところ、これがメガヒット。腕もげ何機かとコムBを破壊できたので、Kondratさんに冷や汗をかかせるぐらいできたかな? 負けたものの、あまり悔いのない戦闘でした。

Shooting Star's ○
双方ECMをカット、エアストライクをあてながらの一進一退。とはいえ、昨日(18日)のShooting Star's戦に比べて敵アサルトの圧力が比較にならないほど低く、あまりこちらの本陣が厳しい状況にはならず。中盤過ぎ敵ECMにエアストが当たり撃破。これでミサイル支援が有効になり、最後は倉庫で粘る敵を削り完勝。

Personnel ○
Shooting Star's戦と大体同じ感じだったかな。

戦績:4勝10敗
負けが多いのは仕方ないですが、それでも中盤以降徐々に連携が良くなっていくのを実感できました。野良BGでも、ある程度やれるなぁと。それに、個人的には激戦区に上がりたてのころの勝つ喜びをひさびさに味わった感じです。簡単に勝てないときほど、勝ったときの喜びは大きくなりますね。しかもそれがRKのような強豪ともなれば…。参加者の皆さんお疲れ様でした。

5月18日の戦績

(簡易版)
戦績:2勝6敗
負けは、Surgent Freaks×2、Hage-Strike、ShootingSter's×2、Cluster、だったかな。Redとして戦ったときは、勝っても負けても更新だけはしようと思っている(今は対戦相手もブログつけてるとこ多いですから、ここで書かなくても調べれば分かっちゃうわけですし)ので書いておきますが…。

18日はいろいろあって、今後のSQ活動をどうしようか考えるのが当面の優先課題になりそう。先のことはどうなるか分からないですし、いつもどおりかもしれませんが。ただ、SQなしの活動が多くなる可能性は高いですね。そうなると、いままでのSQなしの状況とちょっと違ってくるので、ここに戦績書き続けるべきか少し悩みます。RedそのものではなくCybel.Tyfonの戦闘記録ということになるかもしれません。まあ、もともと(仮)だし、未定未定。

ともあれ、結果よい方向に回ればいいんで、そのためにがんばっていきましょー。

5月17日の戦績

趣向を変えてみようということで、ゲストさんを迎えてメカ3編成にチャレンジ。アサルト4、EMP2、ECM1、メカ3、ストライカー1。ストライカーはネタでもなんでもなく、メカ3に集まった貫通耐性の敵を、ブラストナックルで腕破壊するために配置します。実験ぽいけど、隊長のO.C.U.時代に実績がある編成とのこと。

S32
Phenix.Wing ○
前衛と護衛に分かれて前衛はメカ落とし。護衛は、相互でメカが我慢する間に群がる相手を削るという役割分担。途中相手のエアストライクでダメージが入るものの、相互で切り抜けるメカ3に決定的な圧力が入らず、その間に相手本陣をつかんで勝利。あ、メカ以外でエアストライク喰らったのは例によって筆者だけですorz。角曲がって逃げてるのになぁ…。読みが甘いか。

Sergeant Freaks ×
接触後、押し上げる敵との距離が思いっきり詰まり、ほぼ通りの1ブロックで敵味方が交錯する戦いに。メカ3に押し込まれた段階でうまく押し返せずお互いのEMPがBP障害とWEP障害を入れあう大混戦。中盤BP×を切り抜けられないところで、こちらのメカが1機轟沈。ここから逆に敵メカに押し返すも、前衛がさらに1機落ちてしまい、結局時間切れ。残機は両軍で8-9ぐらいだったと思います。

Sergeant Freaks ○
前の戦いの反省から、最初に前衛を狩って圧力を下げた後、敵メカに突。これが注文どおり決まり勝利。最後逃げ回る敵を、ストライカーが追いかけ回していました(w。

Sergeant Freaks ×
3戦目。敵アサルトが全員重MGになっていました('A`)。押し切られて負け。

ここでストライカーを普通アサ、アサルトをGRアサに変更。

S33
Hage-Strike ○
ラグラグで前衛にかなりの被害が出るものの、敵メカを落とし→サルベージの間に前衛狩りを繰り返し勝利。

Crab ×
またECMがいない件について。

S32
Canyon Cats ○
メカ3対決、ではありましたが、中盤敵メカ1をBP×で落として流れをつかむ。GRチャンスを逃さず追い込んで勝利。

Trinity -G.W.K- ○
開始直後に思いっきり突られるものの、非情の(w味方本陣GRでみるみるうちにシェアの敵HPが真っ赤に。量産したダルマに追撃のGRも決まり6分台で勝利。

戦績:5勝3敗
存外難しいメカ3編成ですが、Redで初めてやったにしては、なかなかの成果でした。メカを固定して熟成すれば、かなり硬い戦術になるかと。

※戦闘後に、この日ゲストで参加していただいたMi.YukiさんがRedに入隊しました! 筆者も野良時代に何度かご一緒したことがありますが、アサルトの腕前は相当なもので、かなりの戦力アップが期待できます。あと、ストライカーの腕は、さいらと同じぐらいとのこと。これからよろしくお願いしまーす。

5月16日の戦績

海老ドリアが立っていたいたため、残りメンバーでRed立ててを待っていたところ、お馴染みのゲスト様がくる。トンネルでも行きますかね、と考えていたら海老ドリア組が入り10人で出撃。昨日の反省を踏まえてタゲをしっかり狙おうということで、編成はGRアサ1、アサルト3、ECM1、EMP2、メカ2、軽コムB1。出撃セクターは33と32がごっちゃになってるかも。

S33
SQなし ×
SQなし ×
どちらも推定RK。Nごと突られてカクカクオンライン。

Crab ×
射線の通らない路地に陣を敷きGRでけん制しつつ粘るも負け。とりあえず2機落とせたので、まあいいか。しかし敵全員炎熱耐性+炎熱コートってなによ。納得いかないなー。MSがそんなに怖いんですか。そうですか。ならECM入れればいいのに(w。

Hage-Strike! ○
3敗して、逆に気合を入れて臨んだ一戦。このマップは敵のレーダー範囲で定期サットが入るし、こちらのコムBのコートも見えるはずなのに、なぜか9分過ぎまで敵と接触せず。たぶん、コートが見えた時点でコムBを探していたのかもしれない。接触後は、乱戦のなかでMOVで前衛を狩りながら前に押す展開。向こうもコムBがいたため復活して戻るの繰り返しだったけど、終始前衛が圧倒していたため問題なし。最後はこちらほぼ無傷、敵残り2?3機残しての判定勝利。

S33
D.B.M. ○
Hage-Strike!と似た展開。GRチャンスが結構決まったんだったかな? MOVの前衛狩りも、アサルト陣の集散がよくかなり動きやすい展開でした。

S33
SQなし ○
P2で乱入される。Nを片付けている間にP3になり、勇者アサルト様が特攻してくる。お引取り願って索敵すると、高コストジェットスナ様×2(だったかな?)がビル上に。適当にダメを与えると、ビル裏の見えない位置にお隠れに。もー、面倒くさいなぁ。位置を調べて、GRで狙うと当たったので終了。20分かからずにすみました。戦績に残す必要はないけど、勇者アサルト様に敬意を表して書いておきます(w。

S32
Gauntlet ○
敵の初突をビル前のトンネル(地下道?)で受ける。MOVで1機落とすが乱戦で回復が追いつかなかったため、同伴のコムBが落とされる。まずいなぁという状況ながら地道に前衛を狩り、タイミングを見計らってメカを落とす。向こうもコムB持ち(たぶん4サル)のため、当然復活してくるがこちらの本陣への圧力は散発的だったので、体勢を立て直される前に押し切り終了。

大納言 ×
地下道にこもりながらコートをもらい、敵を受け散開してメカに迫る戦法を採るが、やはりGRとMOVの圧力で押され負け。ふらふら突出してきた敵を何機か落とすのはできるんですが、どうにかしてメカとコムBを落とさないことには、ダメですな。耐性が貫通でないと厳しい。

戦績:3勝4敗(勇者様分除く)
数字上は負け越し(イーブン)ですが、15日より遥かにまとまったBGらしい戦いができました。大納言は、大納言戦に合わせた編成なり調整なりをするとほかとの戦いが苦しくなるので、どうにも難しいところです。

5月15日の戦績

簡易版(あとで付け加えるかも)。

戦績:4勝5敗
とりあえず勝敗数は置いておくとして、とにかく負けた戦闘の内容が悪すぎました。BG解散後のミーティングでもちょっと話をしたけど、Redの不安定さや連携のブレを何とかするのは、やっぱり抜本的にどうにかしないと(=ある程度時間がかかる)ダメなのかなぁ。筆者もスキルの問題ではない連携ミスもあって、もっとちゃんと動かないとって意識しているんですが、まだまだ不十分で難しい…。

ただ、ここがFMOのむちゃくちゃ面白いところでもあって、個々のスキルが普通でも連携によってその壁を超えられる、強者と互角に戦えるっていうのを実感できる、稀有なゲームと筆者は思ってます(もちろん戦術、連携、個々のスキルが高いレベルでまとまっているところが強豪SQなんでしょう)。当然勝ち負けは重視したいけど、このゲームの醍醐味はたぶんそれだけじゃないはず。まずは、連携を高めるために何ができるかを、もっともっと考えていきたいですね。

…なんか真面目だな。

※余談のコーナー※
ミーティング後に、隊長、Vaiさん、きっしーとおとといあたりから猛威をふるっているインサニティのアイアサ(アイテムアサルト)BG談義になる。15日もきっしーが参加して全勝だったとのこと。そこからFMOのトレンド変遷話に。

「レコミ全盛のころって、サイベル占領区?」
「いや、あれは秋口だからサイベル生まれてもいないだろw」

はい、存在すらしていません(w。
しかし、アイアサが廃れた理由がよく分からないです。占領区にいたころ、たまーにミニトンでアイアサBGに当たったことありますが、初突を凌げばあんまり強かった覚えがないし…(インサニのアイアサはアレンジが絶妙な別物と思いますが)。バージョンアップ調整とかで弱くなったわけではない(?)みたいなので、なんででしょうね?

5月14日の戦績

この日はSQなしでBGが立ったものの、筆者はたまたまタイミングがずれて参加できず、大半をオケツ魅せ隊で戦っていました(SSにも勝ったし、楽しかったです)。Redには最後に8人になったところで入ったため、レポは1戦のみです。

S32
(K)night Rider(s) ○
9人C40で出撃。出撃直前にS39がデッドになったため、相手はC45だった模様(こちらと向こうにNアサルトが残っていました。こちらの編成はアサルト3、MP2、CM1、コムA、RDメカ2。あまったコストはコムAに振り分け。向こうはメカ3編成だったため、とにかくエアストライクを当てようと狙いました。が、路地を巧みに使われて射線も通りにくく、敵メカにエアストライクもあまりヒットしなかったような…。それでも、前衛を少しずつ狩っていくことで押し切り終了。C5の差を考えれば、まずまずの動きでした。

戦績:4勝3敗
チャットで聞いたときにメモを取らなかったんですが、負けはたしかCrab、H.O.V.とあとどこか、勝ちはCluster、D.B.M.ほか、だったはず(間違いがあったらコメントで指摘よろしく)。さておき、なんとか前線がフリーダム市街に移行できて、ようやく空港オンラインからのがれることができました。しばらくフリーダム争奪戦になるかな? この調子でがんばろー。

※指摘があったので修正しました。

前線セクター

あいかわらず人数が少なかったのでSQなし。

U.S.N.の各BGが要塞戦に出向く中、大半の時間をS46のゲージを伸ばすべく出撃していましたが、ほっとんどN戦だったしメモも取らなかったので戦績はなしで。最後に2戦だけ要塞に行きましたが…。長時間ご一緒したゲスト様、お疲れ様でした。

陣取りや勝敗はさて置いて、S53の空港オンラインはさすがに飽きてきた気がしますorz。個人的にも、激戦区に上がって一番戦ってるマップだし(マップのBGMはすごく好きなんだけどなー)。S46もあまり面白いマップではないですが、ここを押さないとS39に行けないので、なんとか頑張らないとね。

※私信のコーナー
すまん、占領区のPvPはレベル15からだった。レベル10ならジャマーとかレコンが遊べるようになったはずなので、そっちを試しつつもう少しレベル上げを頑張って。

海老ドリアふたたび

隊長はお休みで、かわりに海老ドリアが立ちました。アサルト4、RDメカ2、EMP2、ECM2。途中でレコを入れたり、コムAにしたりしましたが、詳細は割愛。とにかく突撃を楽しもうというコンセプト。出撃セクターには一部記憶違いがあるかも。

S53
Jmmaer's Plant ○

S65
Cluster ×

S53
Cluster ○

S65
Cluster ○
Cluster ×
Gauntlet ○
Trinity -G.W.K.- ○
SQなし ○
おそらくRK。てごわかった。筆者はWEP▼をかけることでいっぱいいっぱい。

Gauntlet ○
Crab ×
海老蟹対決。詳細は…どうでもいいや(w。

Crab ×
鬼島津 ○
Crab ×
鬼島津 ○
Trinity -G.W.K.- ○
D.B.M. ○
乱戦でこちらのメカが落とされ、被害甚大。残ったメンバーで敵メカを落とし、消耗戦に突入。ところが要塞砲が敵味方にヒットし次々ダルマが量産(味方も逃げるので手一杯)。残機が両軍3-5あたりになったところで、まともに攻撃できるのは、こちらのLightning機だけという惨状に(w。要塞砲をかいくぐりながら逃げ回るダルマを追い掛け回し、何とか勝利。最後のダルマは要塞砲で残り二桁のHPが飛んで落ちるというこの戦闘ならでは終わり方。「まれにみる泥仕合w」でした。あ、筆者はもちろん観戦でしたorz。見てて面白かったけど。

SQなし ×
同じく想定RK。デゴワス。

大納言 ×
粘るも、転ばされまくりで終了。

S53
Canyon Cat's ×
突編成かと予想したら、いつものメカ3MOV狙い編成。序盤速攻で前衛にMOVが入り落とされる苦しい展開。こちらのエアストライクもことごとく避けられ、結局押し切られる。残念。

Jmmaer's Plant ○

戦績:13勝7敗
戦績にあまり意味はありません。とにかく突撃をひたすら堪能した一日でした。筆者は超強力なゲスト様の腕前を味わっておりました。味わうだけじゃなくて、自分のプレイに還元しないとなー。大感謝☆です。


5月11日の戦績

メモを紛失したので記憶による簡易版で。編成はアサルト3、EMC2、EMP1、RDメカ2、コムA、レコA。

S53
Cluster ×
Trinity ×
Sennju ○
Gauntlet ○
Canyon Cat's ×
コムB2、コムA、レコBありという後衛の厚い布陣。サットで後衛を奇襲し、コム(たぶんB)を落とす。しかし、残ったコムBが落としたコムをサルベージしてしまい、戦闘が長期化。レコやコムAも都度都度撃破するもののサルベージの繰り返し。そのうちに後衛狩りに出た敵アサルトのカバーと、前線に圧力かける側とにターゲットが分かれてしまい、しかも後衛狩りを返り討ちできずにメカ位置まで逃げられるという悪い流れに。結局最後は後衛が撃破され前衛も持ちこたえられず終了。完全に作戦負けですね。中盤にタゲが思いっきり分散してしまったのも痛かった。おそらく4機の敵後衛はそれぞれ2度ずつ撃墜したような…。

戦績:2勝3敗
負けた戦闘は、掴めたはずの流れの逃し方がどれも紙一重だったような感じ。強力なゲスト様の参加にもかかわらずこの戦績は、ちょっともったいない…。

海老ドリアとポテトサラダ

きっしーが実験編成用のSQを立てたため、Redはお休み。戦績も割愛。

どういう編成だったか詳しくは書きませんが、やはり極端な編成は慣れもあって難しいという感じ。編成をもう少しマイルドに調整すれば、けっこう使い物になるかなと思いましたが。

んで、最後の一戦に超突撃編成にして華々しく終わり。なんていうか、このテンションの上がり方から思うに、やっぱRedは突撃好きなんですかね。「だからまだ行くなって言ってるだろう!」って後衛のVC指示があるのに、突ろうとするメンバー多いし(w。実験に付き合っていただいたゲスト様に感謝。

…解散後のSQチャットで、突を磨くならやっぱり固定メンバーで時間を決めてきちんと活動しないと強くならない、って話をしました。特にS53の場合、バランスだったら野良多めでも後衛に海でミサイル撃たせて前衛はECMカットしてれば勝率は稼げるけど、突撃はそうもいかないしな、と。

そうなると、現状のRedのゴールデンタイムのイン率がだいたい5?7、8人ってのは、やっぱりつらいなぁ。個人の生活もあるし、こればっかりはどうしようもないんですが…。でも、強豪と呼ばれてるSQはどこもほとんど固定メンバーで出撃してますし。どうすればいんでしょうかね。

とまあ、妙案が出ないまま、つれづれに終わる。

※どうでもいいコーナー
筆者はRedで50k機体EMPばっかやってたせいか、40k機体EMPにいまだに慣れません。23前後のBP積むと実質ゲイルSかレオスタンCしか使えない50k機体に比べると、火力が多めにできるのは魅力なんですが、運動性能の低さに泣かされてます。障害入れてる時、逆にいい的になってる感じが。意識してもっと動かんといかんですね。

少数セクターにて

メンバーの大半がロクスタに偵察に行っていたため、筆者はじょぜさんとミサイル基地で連戦。ほんとはEMPのウォームアップのつもりだったんですが、メンバーの集まりから前線にはいけないっぽい感じだったので、アサルトの練習に切り替えてました。

筆者は上限C5アサルトしか組めないし、敵はたいていC5より高コストなんで、勝負よりもきちんとスイッチを叩き込めるかとか、60kサテライトで脚が狙えるかとかやってました。結局MS撃ちが多くてちと萎えたんですが。

0時前に本隊と合流。Redを立てましたが、7名しか集まらずゲスト募集の時間も少ないため前線は無理ということに。んで、トンネルで数戦して終了しました。トンネルでは、だべりながらやっていてバックアタックを喰らったり(w、気を取り直してきっしーが渾身のバックアタックを喰らわせたりと、まあまあ面白かったです。

ところで。

トンネルでのだべりで「マシプラのスナイパー運用ってどうやってるんだろう」という話題がでました。「BG全体でスナイパーを活かす戦術なんだろう」「実際に見てみたいよな」という結論に。もちろん対戦でもある程度分かると思いますが、BG全体の指揮の部分でどうやってるのかも非常に興味ありますね。

なお、筆者は激戦区に上がりたてのころ、当時O.C.U.にいたマシプラに野良BGで3度ほど当たったことがあります。そりゃあもう、一瞬でボコボコにされた記憶しかないですが(w、今ならもうちょっと冷静にその強さの秘密が理解できるかなぁと思ったり。

5月8日の戦績

SQなし ×
Canyon Cat's ×
Sennju ○
Wonder Papets ×
F.E.M.C. ×
D.B.M. ○
I.M.O. × ガン待ちBG

戦績:2勝5敗
コメントは何もなし。個人的にはとにかく調子が悪すぎでした。間抜け死に2回ほか細かいミス多発。足引っ張ってごめんなさい。

…やっぱ疲れてんのかなぁ(GW明けでか?)。Redでやる前に、少数か占領区で調子をつかんだほうがいいかもしれない。

※今日の一言
「待たないBG、それがRed」

5月7日の戦績

この日筆者は早めにインして、統制区でのレベル上げBGにサポート参加(付き合ってくれたえっじさんありがとー)。ぜんぜんやってないレコの機体を組んで出撃しましたが、よく考えると敵位置が最初から分かる統制区では、サットスキャンの意味がない(w。まあ移動砲台よろしくミサイルを撃っていました(しかし、いまだサットスキャンから普通のレーダーへの戻し方よく分からない。適当にシェアレーダーいじってると戻るんだけど、これではシビアな戦闘はできない気が…)。

で、ロビーサーバが落ちたりちょうど召集がかかったりで激戦区に戻り。久方ぶりのRedでの出撃となりました。ゲスト様に来てもらい編成はアサルト4、ECM1、EMP2、RDメカ2、レコA1。

S64
Personnel ○
開幕のサットに映らないのでそのまま突。混戦のなかこちらのメカが落とされるものの、敵も手負いが多くタゲ集中で乗り切り勝ち。

S65
Canyon Cat's ×
アサの連携で前衛を狩るものの、コムBが落とせず次々とサルベージ。そのうちに前衛が狩られてしまい負け。

N戦が多くなり、空港に出撃先を変更。レコA→ECM。

S53
Canyon Cat's ○
再戦。相手のメカ3の押し上げに対抗すべく、RDメカの位置を変えながらひたすら迎撃する作戦。相手はメカ3で前衛の圧力はこちらが上のため、突出した前衛を捕まえひたすら削る。戦闘中盤に押し上げてきた敵メカの1機をスイッチで落とすことができ、これでずいぶん戦いやすくなる。さすがに敵前衛もメカへの戻りが早くなるが、逆にこちらの本陣へも圧力がかけられなくなり、最後まで落ち着いて対処できた。判定勝利(たぶん7-5ぐらいかな?)。

S.A.S. ○
開幕直後に、おそらく後衛暗殺に移動していたECMスナイパーを発見しその場で撃墜。ここからMOV▼などからめて前衛狩りし危なげなく勝利。

Hage-Strike! ×
開幕後に敵本陣と後衛に突っ込むもののいなされてしまい、敵後衛のミサイルにECMが耐えられず撃墜される。倉庫にこもり前衛狩りに切り替えたが、エアストライクやBP×で流れを断ち切られ敗北。最初の無理攻めと、序盤に後衛を仕留められなかったのが痛かった。

大納言 ×
こちらのRDメカが逃げて時間を稼ぐ間に、倉庫にこもる敵本陣に突撃。珍しくGRの追い込みが薄く(倉庫内にいたためか?)、敵メカ1とコムBを撃破。残った敵メカに追撃をかけるもこちらの被害も大きくRDメカ1が落とされる。敵メカに上手く立ち回られ逃してしまったところを、ぎりぎりでサルベージされたメカと合流され万事休す。序盤の流れで、けっこういけるという手応えはあったんですが…。

Personnel ○
開幕後、散開する敵にちょっとタゲ絞りが甘くなったところでRDメカ2とも捕まってしまい落とされる。これで危機感が出たのか声だしによるタゲ集中が回復して、敵RDメカ→前衛と順次狩っていき勝利に持ち込む。

戦績:5勝3敗
Hage-Straike!戦、大納言戦はこちらのミスもあったため、ちょっと悔やまれる敗戦でした。それ以外は参加メンバーの積極的な状況シェアもあって、なかなかよいバトルができたかと。ゲスト様(ALSの方々が多かった)に感謝。

※今日のVCエラー
2chに重要な情報がっっ

134 名前:名も無き冒険者 投稿日:2006/05/06(土) 19:47:50 ID:PSCaJnS+
ボイチャエラーの直し方

PS2・・・USB端子の抜き差しで直る場合が多い、コンフィグでオンオフでも可

PC・・・端子の抜き差しで直ったためし無し
    コンフィグでオンオフが通常だがエラー表示が消えても
    相手方の声が聞こえない場合が多い
    コンフィグボイチャオン状態でコンフィグ上on・cancel・default
    onボタンを連打で直ることは確認済み

PS2のUSBヘッドセットをそのまま流用する場合の設定方法
http://sennjufmo.hp.infoseek.co.jp/guide.html#headset


筆者もonボタンの連打で直ることを確認しました! これでVCエラーはもう怖くないです。上のレスを書いた人は神です神。ありがとう!

統制区で新人教練

メンバーはそこそこ揃っていたんだけど、それぞれ分かれて色々な固定BGに参加したため、Redの活動は今日もお休み。んで筆者は、リアル友人がFMOを買ったため統制区でBG立ててレベル上げの手伝いをしていました。

しかし自分も通過したとはいえ、FMOって最初のレベル上げがきついっていうかつまらないと思う、マジで。たしかにシステム周りで覚えることは結構あるし(基本は激戦区でも変わらないし)、マナーとかローカルルールみたいなことも肌で知るにはそれなりに時間が要ると思う。思うけど、レベル10(だったよな)まで、PvPできないのは厳しいよなぁ。やめはしないまでも萎える人は多そうだ。レベル5ぐらいからPvPのサワリでも楽しめるといいんだけどな。

さて、筆者の友人はやってみてどうだっただろう。生粋の海外FPSerなんで誘ってみたんだけど、最初のログインでいきなり再起動連発したらしく(PC版不安定だな)ホントにひやひやした(w。でも、感想を聞いたら「思ってたよりもFPSに近い」って言ってたから、楽しんで続けてもらえそうかな。彼以外にも最近はじめたって人がBGにも来てたし、FMO細々とは(w売れてるみたいだ。U.S.N.は押され気味なんで、みんながんばって激戦区まで来てくれると嬉しいな、と。

統制区に見回り(?)に来ていた強引さんに、またも長時間付き合っていただき、本当にありがとうございました。教え方も的確で、丘オンラインにならないように工夫されていたのが参考になりました。多謝。

※私信:この辺見とくと便利だよ?
・フロントミッションオンラインSS
・市街防衛軍駐屯地

自由活動日

またもRedの活動はお休み。

筆者は夜あるBGに野良で参加したんですが、筆者ともう1人が入ってから人が来ないったら人が来ない。BGリーダーがSayするも、4人からいっこうに増えない。1時間ほど経ってもう諦めるか、と思った矢先に某強固定メンバーが5人ご乱入。ほどなく10人で出撃しました。

みんなうまいなー。なんつーかタゲ絞りが鬼。というのはいいんですが、筆者がヘタッピなのがバレバレです。ははは。お疲れ様でした。

※コープさんのブログをリンクに追加。

またまた占領区にて

Redの活動はお休み。エリアをうろううろしてると、きっしー&強引さんが占領区にいるのを発見。ミニトン行きのBG交ぜてもらう。

何人か人を集めて、占領区メインの人にアドバイスしたり、即興で連携したりとなかなか楽しめました。しかしちょっと前までは筆者もミニトンでひーひーいいながら戦ってたのに、今いくと余裕もって周りが見えるなぁ。激戦区で揉まれると、少しは向上しているらしい(w。

最近の占領区(のOCU)は、積載ターボばやりなのか、やたらGRやRKを方に積んだアサルトを多く見た。GRで焼きまくるBGに当たってもこもこにされかけたけど、相手6(メカ2健在)こちら3になったところで強引さんの神メカパワーでひっくり返した一戦は熱かったなー。強引さんの精髄を見た気がしましたよ。筆者は中盤にGRで落とされて観戦モードだったけど(w。

陣取り関係ナシにリラックスして遊べるんで、たまには占領区もいいねって感じでした。

5月3日の戦績

空港に出撃。編成はアサルト3、ECM2、EMP1、RDメカ2、コムA、レコB。例によって後衛の動きがカギでした。

S53
D.B.M. ○
初めて当たるところ(少なくとも筆者がRedに入ってからは当たってない)。ミサイルの打ち合いで、お互いの前衛を削っていく消耗戦。相手はコムBがいたらしく、何度かサルされる(4サルだったかな?)ものの、前衛が踏ん張りなんとかこらえる。最後は攻め手を欠いて結構苦しかったが、時間切れ判定勝利。

SQ無し ×
最近はSQの無い方が怖かったりしますが、ここもジョブレベルが高かった。序盤、海に出た後衛の要のメンバーにVCエラー出てしまい、前衛とのスムーズな連携に支障が…。相手後衛はほぼフリーでミサイルを連打、こちらは後衛の支援がかなり限定と厳しい展開。ちなみに筆者もVCエラーだったんですが…orz。最後は押し切られて負け。

Canyon Cat's ○
珍しくバランス編成だった模様。序盤から後衛同士の熱いミサイルバトルが展開。今度は連携がスムーズで、ミサイル支援を受けつつ積極的に前衛を押し込む。エアストライクの直撃は少なかったものの、敵が避けて散開したことを捕まえるのにはだいぶ役に立ちました。

Kamo's nora ○
終始危なげなく勝ったけど、ところどころで瀕死の敵を敵メカ位置まで逃がしてしまうといったミスがあり反省。

Jammer's Plant ○
開幕後の指揮がはまり、敵レコを始末。これで敵のミサイル支援を大幅に抑制することが可能に。前衛対決も無難に各個撃破が決まり勝利。

Personnel ○
開幕後の接触でECMに粘着。味方の集散がよく楽にこのECMを撃墜。流れを掴んでそのまま勝利。

大納言 ×
この編成の場合、エアストライクを当てないと勝機はかなり薄れる、ということで臨んだ一戦。にもかかわらず…。最初の置き爆を避けられたのは仕方ないとして、相手の爆撃避けが非常に上手い。かなり読まれている感じ。GRを避けないといけないためにECM粘着も断続的にしか行えず、前衛が押し切られて敗北。もう少し意表を突かないと難しい気がしました。

戦績:5勝2敗
まずまず。この日はグレインビルに敵が多くきたので、時間の割には戦闘回数が少なかった感じです。なお、筆者はまたも超絶間抜けな動きで味方の爆撃に当たる超絶大失態をある戦闘で犯し(死にはしなかったけど)、きっしーに「今度やったら、腕立てと腹筋50回。リアルで」の約束をさせられましたとさ。とほほ。

参加していただいたゲスト様に感謝。

5月2日の戦績

S64が出撃の中心、ということでレコA入りの突撃編成。アサ4、EMP2、ECM1、レコA1、RDメカ2。アサの圧力でミサイルを振り切ろうというモットー。

S64
Hage-Strike? ○
出だしの接触で敵RDメカの片一方にMOV▼が入りその場で撃墜。これでだいぶ楽になる。こちらのRDメカを囮に前衛を狩り終了。

S57
Moncho ×
敵が来ているとあわてて出たものの、ダメージソースの中心がミサイルの敵、しかも森でこちらがECMテイクではいかんともしがたい。ちょっと無茶した感がありました。

S64
Cluster ○
サットで相手レコの位置を掴みを強襲して落とす。これでミサイルの威力を封じることができ、あとはアサルトの寄せで無難に勝ち。

Cluster ×
Voice Of Cobber ○
S.R. ○
Arctic Monkeys ×
この4戦は内容のメモ取ってないです。

Cluster ×
今日の編成の場合、サットで後衛が見つけられればかなり有利なんだけど、このバトルではMSの雨で迫れず立体駐車場にこもることに。頼みのレコは数に勝る敵後衛陣とミサイルの撃ち合いになり轟沈。何とか立て直し、要塞の砲撃を目安に敵後衛にアタックをかけるも、こちらのメカにも圧力があり、満足に敵後衛に到達できず駐車場に逆戻り。結局時間切れ。

ShootingStar's ○
なぜかBG内で盛り上がるSS戦(w。最初に突ったところで敵レコを発見し撃墜に成功。戦力を手分けして、味方本陣を守りつつ別働隊が敵コムスも落としきり勝負の流れを掴む。あとは前衛狩りをして終了。

戦績:5勝4敗
このあとメンバーが抜けて、残ったメンツで少数セクターにも行きましたが、当然戦績から省いています。あと、今回からN戦と高コスト過積載BG戦は、勝っても負けても戦績に含めないようにしました。まあ、N戦で負けってあまりないと思いますが。本日の戦績はなんとか勝ち越しでしたが、SS戦はアサルトの奮闘が光ったいいバトルで、筆者としても充実感が得られました。VCエラーも出なかったし(w。

※VCに関してはパーツ構成に手を加えてみました。ちょっと様子見。これでダメなら…諦めるしかないかも。

5月1日の戦績

Canyon Cats 1勝3敗
大納言 1敗
戦績:1勝4敗

S66のみ。ここのところ好調だったんで、そろそろ揺り戻しがくるかなぁと思ったら、やはり…。負けの要因はいろいろあるけど、まあ、あまり言い訳はすまい。こりゃもっと練習しろっていうFMOの神様のお告げだね、ってな感じで、早々に前線から撤退して訓練場にこもっていました。

Paging Navigation

Navigations, etc.