Battle Of Red Shadow On FMO

Front Mission Online U.S.N.軍スコードロンRed Shadowの戦績(仮)

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月29日の戦績

最初にSQなし6人ぐらいで、2戦ほど要塞に遊びで出てましたが、これは戦績に加えません。改めてSQありでBGを立てて、ゲストの募集をかけました。編成は昨日と同じで、アサルト3、ECM2、EMP1、RDメカ2、レコB1、コムA1。なお、この日の筆者のテーマは「味方の爆撃に当たらない」でした(ぉ。

S65
Hands Of Glory ○

S66
大納言R ○
なんか要塞にコスト少ないのがきてるけど、どうする? 前線だし追い払うのはいいだろ、ってな会話がありつつ乱入すると、大納言でした。4人ぐらいだった模様。さすがにコスト差を考えてか、相手は腕振りで意思表示。こちらも腕振りで意思表示。

S54
Phenix.Wing ○

S39
SQなし ○
ドーム前の広場に前進すると、なんか胴にダメージが…と思ったら立体駐車場にスナイパーが2人。スナは無視して、当たらないところに適当に回避しながら敵前衛を狩り勝利。

S53
N戦 ○

S66
メモにあるけど出撃したっけ…? 相手SQも書いてないし間違いか。

S53
ShootingStar's ○
ECMに粘着しつつ、前衛を押し込んでいると味方のエアストライクがいい感じにヒット。そのまま勝利。あとでデブリを見ると、完全に同じ編成であることがわかりました。

Canyon Cats ○
序盤、敵ECMに粘着してMOV▼を入れると、前衛が速攻でたかって撃墜。これでだいぶ楽になり、あとは前衛から狩りつつ勝利。

N戦 ○

ShootingStar's ×
今度は、こちらのRDメカがMOVを食らい落とされる。RDメカ1とミサイル支援で粘り互角に戻すも、エアストライクを受けて残っていた前衛が半壊。局面局面でみれば勝てないことはなかったかも、ということで惜しい敗北。

N戦 ○

ShootingStar's ○
さて3戦目。相手がMOV▼メインで来ることは予想できたので、それを意識した立ち回りを心がける。こちらも障害を入れた敵に対しての集中がよく、確実に前衛を落としきる。優勢のまま勝利。

Wonder Papets ○

Canyon Cats ○(?)
あれ、メモでは勝ってるけど、向こうのBLOG見ると負けてるなぁ。筆者のメモ違いかも。ただ、この日はCCに負けた記憶はないんだが…。

SQなし ×
序盤にRDメカがからまれ、逃げながら態勢を立て直そうとしたものの押し切られてしまい敗北。後衛ありの似たような編成で、ジョブLV50ばかり。たぶんRKではないかと。

Arctic Monkeys ○

SQなし ×
さっきのBGかと思われたけど、機体カラーが違う…っていうか、Goryuuと思われる。序盤ECMに大粘着していて足を抜いた! と思ったら味方の置き爆を忘れて(というか、ここなら大丈夫と逃げたところが大丈夫でなかった)、喰らってしまいそのタイミングで敵に突を受けRDメカ1機ともども落とされる。あと、どうも回線都合でほとんどのBGメンバーから見えない敵プレイヤーがスナイパーをやっていたらしく、延々射撃を受けた模様。最高のステルススナですな(w。ほどなく押し切られて敗北。

S65
Crab ×
気分変えてS65に来たら当たりました(w。崖はあるけどほぼ平地だし、エアストライクを絡めてやってみるかと置き爆。で、後衛のMS支援のためECMに粘着していたが、やはり胴抜きがすさまじく、相手1落とす間に味方が3落とされるペース。筆者は早々に落とされて観戦してましたが、最後に残った味方レコBが倒されるとき両腕にまったくダメージが入らず、ラプターで胴だけ綺麗にHP0にされるのを見て、なんだかなぁと思いました。

S53
ShootingStar's ○
SSと本当に良く当たるなぁという日。3戦目と同じく優勢に戦いを進めていたさなか、自軍前衛ECMが回線落ち。一転して倉庫から出られない状況に。筆者は最初回線落ちに気がつかず、味方の置き爆を避けようと倉庫から出たところでMSを喰らいまくり、HPが2桁まで下がりました。ありがたいことにRDメカが追いかけてきて回復。倉庫にヨロヨロ戻り(w、迎撃で耐えることに。ほどなくリログしたECMが戻り、攻め戻して勝利。

SQなし ×
先ほどのRKらしきBG。開幕直後、こちらのECMスナに敵後衛を叩くべく単身動いてもらう。と思ったら、なぜかこちらの後衛が襲撃を受け落とされる。あとでデブリを見ると、C1の貨物積載場で、ものの見事に両軍の暗殺隊がすれ違っている(w。いやー、こんなことってあるんですねってな感じですが、後衛支援がなく押し切られて負け。筆者はこのころからVCエラーが頻発していて、連携に支障をきたしていました。

N戦 ○
書いてて思い出したんだが、勇者様が1人いたような…。

S66
++ Oh! Yeah ++ ○
最後に一戦しようかな、と要塞迎撃。筆者は疲れていることもあって集中力を欠き、序盤ヘンなところから進軍してしまい、本隊からはぐれて思いっきり迷子になる(w。うろうろしているうちに移動の仕方がわかり、後方から接近してECMに粘着。MOV▼を入れるものの落とせず本陣に撤退。それでも終始優位に戦闘を進めて勝利。お疲れ様でした。

戦績:17勝5敗(N戦4含む、1戦記憶が怪しい)
22戦もしたらさすがに疲れますが、一部のメンバーは夕方からやって30戦以上していたらしいです(w。ゲストの方々の力もあって、かなりの戦果でありました。筆者としても勉強になることが多々。EMPとしてそこそこ自信がつきました。
スポンサーサイト

4月28日の戦績

SQあり。編成は手を加えようということで、GRアサルト3、ECM2、EMP1、RDメカ2、レコB1、コムA1。エアストライクを絡めてGRで押し込もうというコンセプト。強力な方々がゲストで来てもらえたので、主に後方を担当していただく。

S53
Canyon Cats ×
ECMをフリーにしすぎて、RDメカがもたず負け、だったかな。うろ覚え。

Team Peu ○
エアストライクがメガヒット。

H.O.V ×
とにかく敵ECMをなんとかするという約束事を徹底して臨んだんだけど、エアストライクで流れは掴んでもGRの使いどころが難しく、しかもアサルトは手持ち武器が限定されてしまうので、押し込んでも戻されるということに。やはり苦しいかということで、ここでスイッチアサルトに変更。

Team Peu ○
Trinty G.W.K. ○
Trinty G.W.K. ○
やっぱりミサイル支援は強いというのもあるんだけど、初期タゲをECMにするってのが徹底されていて非常に戦いやすくなった。エアストライクを回避できなかった敵への寄せも的確で、前日の反省が生かされています。筆者は敵ECMと鬼ごっこして、相手ともども味方のエアストライクに当たったりしてますが(w。

Crab ×
例によって(略)。

Voice Of Cobber ○
Voice Of Cobber ○
うまいこと最初に敵後衛を発見、暗殺できたため非常に楽な戦闘。

N戦 ○

H.O.V. ○
H.O.V. ○
本日のハイライト。3戦目でさすがに対策をとられたせいか、執拗な追撃でこちらのRDメカを落とされる。回復できない状況で前衛が狩られる中、ミサイル支援でなんとか倉庫に戻ろうとしてた相手RDメカも1機落とす。この時点で自軍は手負いの前衛2と後衛、敵はアサルト1とRDメカ1。倉庫で回復する敵に肉薄するも瞬間ダメージが少なすぎて押し切れず、逆に前衛が落とされる。人数差があるんでこのままなら判定勝ちだけど、相手はアサルトを完全回復して突撃。当然こちらもMSで攻撃を仕掛けるも、後衛レコがやや前にいたため突撃を避けられず落とされる。が、なんとか後衛カバーのECMスナが迫って勝利。回復できないところを、よく勝利までもっていけたという熱戦でした。

METAL BEE ○

S54
Moncho ○
S54にいるね、とS53用の編成で出てみたところC10×4の過積載BGでした(メカ2、コム1、ECM1だったかな)。川越しにRK撃たれたりしましたが、川をわたって取り付いてしまえば大したことはなく勝利。

S53
SQなし ○
ジョブレベルのほとんどが50だったため、時間的に強豪再編のBGかも。青地にピンク花柄のアサルトはどっかでみたことがあったような…。戦闘は例によってECM粘着からエアストライクと、煮詰められた動きで勝利。またも味方エアストライクを避けられなかった筆者以外誰も撃墜されず(ぉ、完勝。つかECM追っててシェア見てなかったんですけど。はずかし…。HP管理は散々みんなから言われてるんで、気をつけてるつもりなんだけど目の前に足抜きができそうな敵がいると、つい追っかけてしまう。反省。

戦績:12勝3敗(N戦含む)
この戦果を考えると、やはりGR編成との併用になるのかなぁ。筆者の個人的な好みでいえば昨日までのGR編成の圧力も捨てがたいんだけど、効果的に戦えるMAPがやや限定されるのがつらいところ。バランス編成は、比較的どのMAPでも対応できる(だからこその“バランス”)けど、Redらしさはあんまりでない気も。さてさて。


たまには写真でも

コート待ちw

ちょっと前の写真だけど。本日の戦績は、起きてからまとめます。おやすみ。

4月27日の戦績

SQあり。編成はいつものとおり。ゲスト多め。

戦績:2勝6敗(5敗かも)
詳細を書く気力がなくなるほど負け負け。しかも負けた相手が強豪ではなく、普通に勝てる…というか勝たなきゃいけないBGに負けてる。ミーティングで問題はいろいろ指摘されたけど、おおむねテーマは2つに分けられると思う。

1:「MS対策」
2:「瀕死の敵を逃がす連携不足」


で、1はさらに
1a:「自軍の編成」
1b:「自軍に有利なポジション取り」

2はさらに
2a:「VCによる状況のシェア」
2b:「新人勧誘」

と分けられる…かな? それぞれ考えていかないといけないんだけど…。

もう一点。

どこのBGもそうだけど、やっぱりFMOってノリで戦ってる部分って大きいと思う。Redは中堅相手で圧勝することも多いけど、一方で中堅相手にぐだぐだになることも多い気がする。強豪相手だと気合が入るのか、勝ち負けは別にして、比較的いいバトルができることが多い(と筆者は思ってる)。あと、中堅相手にぐだぐだってから引きずっちゃうことも多いかも。なので、すぐに立ち直れるノリがつかめれば、本当の意味での強豪なり常勝なりになれるのかな、と。

4月26日の戦績

いつもの編成でSQなし。筆者はインが遅れたため、最初の2戦はメンバーの申告。

S61
Sergent Freaks ○
Canyon Cats ×
敗因は味方をGRで焼きすぎてしまったから、とのこと(w。

S61
Ultimate.Meteor ×
相手は突編成…だったかな。あんまり覚えてないが。

Crab ×
久しぶりに全開な感じ。胴のHP600超を一撃で持っていくなんて、桜花レベルですね。立ち回りはそこらへんの野良レベルですが(w。

S60
SOUTEN ○
進軍中に、一人たたずむ敵comを発見。まるで動かなかったので寝落ちくさい。その後の戦闘も、なんつーか、こう、意図がよくわからない、ゆっるーい戦闘でかなり気が抜けた。

S61
Crab ×
やる気なし(w。ただし、一戦目よりは若干ぬるかった気も。

Trinty G.W.K. ×
バランスのTrintyとはイマイチ相性がよくない。

Crab ×
まるでやる気なし(w。

Canyon Cats ○
リベンジ完了(一戦目筆者はいなかったけど)。やはりこの編成は、GR焼きと自軍メカの押し上げのタイミングがきちんとはまれば、Canyon Catsあたりでも圧倒できます。とくにCanyon Catsはメカ3のせいか、比較的GRのタイミングがつかみやすい気がしますね。

S60
N戦 ○

S61
Personnel ○

S?(忘れた。ホワイトリバー市)
Cluster ○
S61
SQなし ○
どちらも危なげなし。

戦績:7勝6敗(N戦含む)
GR戦術そのものの連携はかなり取れてきたかな、という感じ。ただ、きちんと対策をとられて散開して戦われたときに、こっちの前衛がどう動くか。敵前衛を狩るか、狩るならどの敵から狩るのか、あるいはメカ落としにいくのか。このへんの動きをもっと徹底しないとまずいですね。あと毎度のことですが、Crab引きすぎ(w。

占領区にて

10時にインすると、隊長、きっしー、さいらしかいなかった(w。

占領区でアサの練習をしていたきっしーのアイデアで、見所がある人いれば新人勧誘しようぜってことで、ミニトン行きのBGを立てる。途中、フレのLightningさんに援軍にきてもらったけど、野良の人も募集して結局8人BGになった。

で、出撃したんだが、隊長ときっしーとさいらって占領区レベルだとさすがに反則級。よほどのコストが差がない限り、ってか最初にワカメされたとき以外は、まったくBGが危なくならない。隊長なんか、RDメカなのに敵のアサルトをナックルで追い込んでたし(w。だもんで、筆者はちょっとやる気なくして(ぉ、普段使わない60キロ機体でサテライトしながらジャミングの練習とか、DEF→CONT→DEF→CONTの練習とか、あまり勝負に関係ないことをしてました(w。

で、それはそれとして、久しぶりの占領区の印象。

人もBG思ったよりも多い。0時過ぎまでいたんだけど、ミニトンはUSNのほうがBGあまり気味で、結局新規で入ってもたぶんPvPにならない感じがして打ち切ったぐらい。しかも、階級で言えば激戦区に十分これるような人もかなりいた。もちろんたまたま行った日の印象だから実際はどうかわからないけど、ここのところ激戦区でUSNが押されっぱなしな状況をみると、「下手でもいいから激戦区に来てよ?」と切実に思ってしまう。戦争の局面を左右するのは、兵士の質よりも量ってのは明らかだから。OCUの兵士は、下手でもなんでも占領区を卒業してがんばって激戦区に来ているとしたら、それはそれでうらやましい。

でも久しぶりのミニトン、みんなそれなりに楽しんじゃってあんまりまじめに新人勧誘しなかったね(w。

筆者はその後激戦区に戻って某BGで3戦ほどしたんだけど、んー、まあ、これはいいか。


4月24日の戦績

今日は簡易版。編成は昨日と同じ。SQなし。途中、MS対策でEMP*1、ECM*2に変更。

S60
Phenix.Wing ○
Segent Freaks ○
Jammer's Plant ×
Segent Freaks ○

大納言 ○
ほぼ似たような戦術をとる大納言に、こちらが現在の編成で勝ったときの状況を当てはめて考えると、まとまったところでGR喰らうのは絶対にまずい、というのは自明なわけです。なので、散開して敵に当たることを確認し戦闘開始。ばらけたこちらに対して、不用意に相手メカが前進してきたところを、うまく味方機が遠目から総攻撃。めずらしくタゲ絞りが甘かったこともあって、こちらのメカがきつくなる前に相手メカが崩れ、結果は圧勝。筆者は日ごろの恨みとばかりに、ARFで敵をこかしまくっていました(w。ところで、大納言は負けを認めるとしゃがんで介錯を待ちますね。SQの掟でしょうか。

Hands OF Glory ×
Hands OF Glory ○
Wonder Papets ×
Wonder Papets ×

戦績:5勝4敗
レコミどうすべ。

4月23日の戦績

ここのところ検討していた、GRを活用する新編成を試してみる。構成はアサ*3、ECM*1、EMP*2、4脚メカ*2、ITGRアサ*1、軽ラジB*1。筆者は50k機体でARF持ちEMPのテスト。例によって隊員が少ないので(ぉ、SQなしでゲストさんを募集して出撃開始。

S58
S.A.S. ○
小手調べに燃料基地防衛に出撃。相手も似たような編成で、壁越しにGR打たれたりしたものの、敵が集まったところでGRぶっぱなして終了。こちらも、あんまり連携取れていなかった感もあるが、まあ、そこはそれ(w。

S46
N戦 ○
N戦 ○

Mで出撃しても放置されるので、S53に移動。

S53
Phenix.Wing ○
Team Peu ○

中堅どころと2戦して圧勝。かなり自信を深める。とにかくGRが凶悪すぎ。初突を凌いで敵メカ位置に追い返したところでGRを打つと、ほとんどの敵前衛がダルマ化(w。あと、敵MS対策の炎熱コート+軽ラジBを本陣に同伴させて、軽GRで支援させるというこの編成のキモが大ハマリ。サルもできるし敵タゲもバラけるし、となかなかの戦術。前衛は集散をきちんとする、敵本陣にGR打つときは離れながら手を休めずメカを確実に落とす、ということを徹底していけば(っていうか、前衛として当たり前の動きですな)、かなり手堅くいける。

S58
S.A.S. ○
また来てたので、追い返す。

S53
Canyon Cats ○
さて強豪。メカ3構成だったものの、注文どおりの動きで、敵メカ本陣に集まったところでGRで焼きまくり。筆者はメカだか前衛だか分からないダンゴ状態にARFを遠目から連射してだいぶ撃墜数稼ぎました。いやぁ、強いね。

大納言 ×
GR本家にこの戦術が通用するか、とがんばってみたが、さすがに一枚上手。タゲ指定がばらけたところを押し切られる。ただ、いつもの突撃編成よりは、相手も戦い方に躊躇が見られたように思うんで、再戦してみたいところ。

Canyon Cats ○
まさしく一戦目と同じ形で終了。CCも新人が多いようで、連携や指揮が少し甘くなってるのかも。

Crab ○
本日のハイライト。遮蔽物を利用して、引き込みで叩く。メカ位置を常に押し上げて、喰らったらすぐに戻る、という約束事を徹底して臨む。ポジションは倉庫裏。さすがに相手も意図が読めるのか、安易に突ってこず遠目から射線に出てきた敵を撃ってくるんだが、これがイタイイタイ。すぐに戻って、完全回復で戦線復帰を繰り返す。敵は多少じれたのか、倉庫両脇から分散して攻めようとしたところで、おもむろに突撃。倉庫内に隠れたメカ2になんとか肉薄してGRを打つと、メカがそれぞれ別方向に逃げるという、このクラスの敵にしてはあまりの不用意さを露呈。筆者はARFで一匹仕留め、もう一方もほどなく味方機が落とす。やったね、勝ったと思った矢先、筆者は400以上あったHPが胴抜きで吹っ飛ばされましたが(w、まあ、さすがに回復できなくては勝負にならず圧勝。決して勝てない相手ではない、という戦果を得ました。相変わらずインチキ臭いところは多々あるのですが(w。

Hage-Strike? ×
非常に惜しい敗戦。相手のECM3のレーダーECMが常にシェアにジャミングをかけ、RDメカ2機が常に動き回ってかく乱する戦法に敵を捕まえられず、しかも味方メカがBP×を喰らって落ちる不手際(責任の一端は、護衛し切れなった筆者にもある)。相手メカのHPがぎりぎりのところで何度か逃げられたため、勝てない相手ではなかっただけにもったいない敗戦となりました。

S58
S.A.S. ○
また来てたので(以下略)。つか、好きだね燃料基地。

S53
Trinity G.W.K. ×
レコミ後衛が埠頭端に陣取り、MSを打ちまくる編成。タゲ絞りに迷いが出たのと、ミサイルの雨を凌げなかったのがたたって敗戦。後衛突は海に逃げられるから無理だったと思うけど、前衛の狩りかたを工夫すべきでした。

SQなし ○
時間的に強豪SQの再編BGかと思われたが、単なる純正の野良BGだった模様。動きはバラバラ、なぜか炎熱耐性と短時間で勝負あり。最後は海に逃げたホバー機をARFで狙撃。つか、こんな状況でもない限り、スコープ×2なんて使わないし(w。自分も野良生活が長かったから、こういうBGの経験もよくあるけど、勝てないにしても、なにかテーマを得る(例えば、一機でも落とすとか、なるべくペアで行動して即興で連携とるとか)戦い方をすれば次につながるんじゃないかと。偉そうですねスミマセン。

戦績:11勝3敗(N戦含む)
かなり戦果がよかったので、しばらくこの編成で連携を煮詰めることになりそう。

4月22日の戦績

休日の夜なのに集まりが悪い…と思ったら、夕方にもインしてその後休息してた隊員が多かった模様。隊長はキャラがいるのに反応ナシ。インしたまま寝てたらしい(w。仕方ないなーと何度かtellすると起きたので(これが今回のオチを暗示)、ようやくBGを立てる。結局メンバー少ないので、SQなしで募集開始。後衛なし、GRアサ、RDメカ含む突撃編成。

S39
Phenix.Wing ○
さて一戦目…。進軍するぞ、のコールしたのにいきなりメカ隊が動かない。っていうかJosephが動かない…。いきなり寝落ちですかorz。ゲストのメカさんにはJosephについてってと指示していたので、動くに動けなかったらしい。さすがにおかしいと気付いて、ゲストさんは合流(RDでよかった)。必死にボイチャとRVで呼びかけるも、Josephは初期位置であっさり撃破される(w。仕方ねーなーと前衛で突ると、相手のメカがなぜか紙。ほどなくこちらのRDメカも落とされるが、タゲ集中が効いてなんとか勝利。前衛の奮闘とゲストメカさんががんばってくれたのは確かだけど、なんでこんなハンデあって勝てるんだ。不思議不思議。

S46
R-Vipper(うろ覚え) ×
先入りだった気がするが、あんま覚えてない。

Voice Ofなんとか ○
これもうろ覚え。たしかGRが効きまくりで勝ったような。

N戦 ○

S53
Crab ×
遮蔽物を利用して、引き込みで戦おうと思うも負け。一瞬で4、500HP持っていかれるってなんでですか。盾構えてるのに(w。

S.H.B.W.D. 引き分け
夜の対戦は久しぶり。相手のレコとエアストライクを警戒して、こちらは倉庫前で粘る作戦。さすがにミサの雨がキツイものの、倉庫前に来たマーカーを的確にMOV▼することで対抗。こちらは一瞬の隙を狙われ一機落とされるが、タゲ絞りMOV作戦と爆撃避けがうまくいき、被害はほとんどなし。相手はコムBがいて次々サルされるものの、ついにサル切れで撃墜数は同数に。相手は残り数分でレコを囮にする陣形をとるが、こちらも警戒して動けず結局引き分け。純粋な撃破数でいえばこちらの勝ちなので引き分けは残念だけど、個人的には、両軍の駆け引きがなかなか面白い一戦でした。

Crab ×
EBF ○
出撃するも、なぜか姿を現さず。マップをぐるぐる回って探すのに、どこにも敵影なし。マジで10人ステスナ海待ちじゃね、とか、単に20分消費かよ、いい加減にしやがれ、という罵声が飛び交う15分過ぎにいきなりRKが飛来。一瞬で1機落とされる。流石に隊員の怒りが爆発(ぉ、飛来元に殺到するといましたいました、やはりRKスナで、埠頭の倉庫の端壁裏に隠れていた模様。近づくと、壁打ちRKでイテテ…となるものの、メカもないし、とっとと追い込み勝ち。こういう編成はルール違反じゃないし否定しないけど、勝てなきゃやっぱり糞といわれても仕方ないかと思います(w。

Oni Shimazu ×
相手は超突撃編成…だったのは戦ってから気付く。MSを意識してしまい、やや指揮がぶれたところをいいように突られて負け。

F.E.M.C. ○
本日のハイライト。バランス編成相手に優勢に戦いを進めるも、途中でMSに1機2機と撃墜され互角の勝負。お互いメカを落とした後は前衛勝負になり、数に勝るこちらが流れを掴んだ…と思った矢先、無常にも敵のエアストライクが直撃。残りの前衛が半壊し、これで勝負がわからなくなる。次々ダルマの味方機が駆られる中、ここでうまく爆撃を避けたゲストアサルトのLeyzaさんが大奮闘。数機に囲まれながらドッグファイトで一機倒し(この時点で残りの味方はすべて撃破され、Leyza機の胴HP80、武器を持った腕がHP14!!)足を抜いた敵アサを物陰から倒し(こちらはラプター、相手は普通MGだったのか攻撃が当たらず)、逃げて体勢を立て直そうとしたコムを後ろから暗殺。最後、ダルマで海に逃げたアサを落として勝ち。素晴らしい勝利でした。

Hage-Strike? ○
味方メカにたかる相手アサにGRを打ちまくり、注文どおりの勝利。筆者はGRに巻き込まれ、少ないHPの足が飛び、もこられました(w。

S60
Jammer's Plant ○
4サルコムBがいたものの、敵の突が散発的で怖さなし。前衛の力で押し切り勝利。

S53
S.H.B.W.D. ×
さて再戦のはずが、2戦目からちゃんと起きてここまで頑張っていたJosehpがさすがに電池切れしたか、初期位置で寝落ちorz。メカ1で勝てるはずもなく負け。

S.H.B.W.D. ×
今度はゲストのアサルトさん(うろ覚え)が寝落ちorz。

どっちの戦闘も前回の反省からか、敵が電磁コートを使ってMOV▼対策をしていたのが印象的。

戦績 7勝:6敗:1分け(N戦含む)
寝落ちも多かったし、隊員も少なかったしってことで参考記録です(w。流石に疲れた。

4月21日の戦績

珍しく隊長がインしなかったので、Red Shadowの戦績はお休み。

私は前半サウザン・エッジ、後半おけつみせ隊にいました。

サウザンでは、S46で久しぶりに4脚メカするものの、なにゆえか3戦中2度も真っ先に落とされる(w。まあ、ラグで相互が遅れたんだけど。

次はおけつでまったり。で、EMPにレコ腕で軽量化してラプター持たせるセッティングを試してみる。

使ってみた感触だと、BPのレベルは下がるけど、武装はかなり強力になるなぁと思った。ただ、Lv20のイゲル腕だと跳ねるんで、貴重なサポジョブ枠にサポスナを入れるか迷うってのと、護衛EMPやるならリロードの速い武器で弾バラマキした方がいいかもなって感じ。敵がメカ狙いでなく前線に上がれるなら、十分なダメージソースになると思うんで、これはケースバイケースか。

サウザンは3戦して2勝。おけつでの戦績は…まあ、仕方ないかなということで、お察しください(苦笑)。筆者もちょっと疲れ気味で、いろんな局面で集中できてなかった。Redに入ってから野良に行くのあまりなくなったけど、たまに入ると、Redとの戦い方の違いがわかって楽しいね、という一日。

4月20日の戦績

ゲストを加えてのレコB、ラジA入りのミサイル支援編成。

S46
Wonder Puppets ×
後入りで丘に登るも、上手い位置取りをされてレコのサーチが届かずミサイル支援が不発。徐々に削られ負け。

Wonder Puppets ○
先入りで入ったものの、即乱入を受ける。前衛は丘上を目指すべく前進。丘は先に奪われるものの、単機で後衛を襲った敵アサルトにMOV▼が入ったため、ミサイルひゃほいで削ってしまう。前衛は丘上を確保して、タゲを絞りつつエアストライクを絡めることで優位に立ち勝利。

S39に戦場を移動。ECMアンチをテイクに変える。

S39
STREGA ○
Sergent Freaks ○
エアストライクと後衛のミサイル支援を活用することで勝利。EMP1のため、筆者はメカ突にくる敵にWAP▼をかけるのがメインになる。筆者は着弾時間と爆撃範囲を見誤り、自軍のエアストライクをモロに喰らったのは内緒。きっしーに見られてたけど(w。

Butter ×
「Juice」「Yogurt」ときたので、たぶんこのBGもRK(残党?)と思われる。さすがに強く、ミサ支援で前衛を何機か落とすもののメカ隊を落とされ万事休す。ただ、負けはしたもの流れを簡単に渡さず互角の戦いができたので、今日のなかでも非常に楽しめるバトルだった。

Page-Strike ×
Wonder Puppets ○
相手のメカ3とラジBがうざいものの、ドーム前に釘付けにすることで、ほとんどのエアストライクにメガヒット。メカを無視して前衛から確実に狩っていった+4サルされたんで、終始優勢な戦いながら決着まで時間がかかった。最後サルされた敵がばらばら戻ってきて逃げるもんだから、戦闘時間は20分ぎりぎり。

SQなし ×
集中力を欠いて負け。どうも大納言のアサがいたらしい?

戦績:4勝4敗
五分ながら、勝ったときの戦い方はほぼ完勝で内容はまずまず。エアストライクで流れがつかめるのが大きい。問題は、炎熱コートなんかで流れがつかめないときの動き方になる、かな。


4月19日の戦績

隊員の集まりがイマイチ悪く、連携熟成の練習のためSQなしで出撃。途中、ゲストを入れて10人になったが、SQなしはそのまま。

S30
Ace Of Heart ○
アサ練習でトンネル。軽く屠って終了。筆者はストレガ+ARFの練習で出撃したが、ちょっと突出したところでミサイルの雨をくらいアボン。はずかし…。

このあと通常のジョブに変えて出撃。突撃編成。

S53
SQなし ×
Wonder Puppets ×
Goryu ×
とにかくタゲが絞れていない問題噴出。絞れていないというより、タゲに迫るタイミングの問題もあるように思う。敵メカに迫るアサがばらけてしまっているみたい。

筆者はここで旋回力の鈍いストレガをあきらめて、いつもの50k機体に変更。

S53
SQなし ○
高コスト過積載BG。RKが痛い痛い。何機か落とされるもののDEF×を入れて1機撃墜すると諦めて自殺。勝っても嬉しくない…。

S60
Hage-Strike? ○
接触後お互いがメカ突。相手はRDメカで、ほぼ同時に両軍のメカが落ちるが、壮絶な殴り合いの末勝利。アサルト陣が的確に残った敵を各個撃破できたのが勝因。かなりタゲが絞れてきたことを確認する。

S.A.S ○
こちらもタゲが絞りがよく、メカ陣の奮闘もあって勝利。

Hage-Strike? ×
Hage-Strike? ×
最後に連敗。一戦目は、敵RDメカに突したものの、相手総突にこちらのメカがもたず負け。2戦目は前衛狩りを意識して動いたものの、乱戦の中囮の敵RDメカに粘られるうちに、またこちらのメカがもたず負け。

戦績:4勝5敗
戦闘をこなすごとにBG連携はまずまずよくなっていくんだけど、自分の動きはもちろん、まだいろいろ課題があると感じる一日でした。

4月18日の戦績

ジョブを変え忘れて2度も出撃するは、一人前線で粘って落とされるは、いいとこナシナシで、メモとる気力も失せたので戦績はお休み。2日目にしてイキナリさぼりです(w。

ところで、出撃セクターがここのところ平地がらみのせいか、派手にMSを運用するO.C.U.のBGが多いなーと思う。MS自体は否定しないけど、レコミ編成に対応するこちらの編成の選択肢があまりないのがつらい。じゃあ、こっちもレコミにする、ってのも面白くないし。あと、レコミ対応にした次に大納言と当たる…なんてのはよくある話で。

あくまで隊員のジョブにこだわって練度を高めるのを優先するか、慣れないジョブでも構わず編成を変えるかは、なっかなか答の出ない問題かも。

4月17日の戦績

後衛なしの脳筋編成。出撃セクターはメモを忘れたのでいい加減。

S50
Team Peu ×
沼地セッティングでパイプラインに出撃して負け。戦闘後再セッティング。

S50
大納言 ×
むこうもそれほど連携が取れてなかったようだが、それ以上にこちらの動きが悪く各個撃破される。

S51
Ace Of Heart ○
Crab ×
Ultimateなんとか ○
Crab ×

S??(忘れた)
S.A.S ○
Crab  ○
石油基地防衛。胴抜きエイムがきつく一瞬でかなりのダメを受けるもの、敵の動きは自軍のエアストライク当たるなどバラバラ。遮蔽物も多く、粘りながら少しずつ前衛狩りして終了。

S50
大納言 ×

ここで抜けたメンバーの補充で桜花のShionさんが援軍でくる。

S53
Crab ×
相変わらずエイムがきつく、筆者はコントの補正に手間取っているうちに速攻で落とされる。

S53
ShootingStar's ○
メンテ前の最後の一戦。時間が少なく隊員のテンションも上がる。倉庫間を移動しながらエアストライクを避け、間合いを詰める敵前衛にジャマー隊が▼MOVかけつつ狩りほぼ完勝。筆者はRDで避けた先にエアストライクを2回喰らう運のよさを発揮(w。落とされずに勝てたのは僥倖でした。Shionさんの的確な移動指示に感謝。

戦跡:5勝6敗
Crab引きすぎ(w。新メンバーも多く、まだ連携に甘さがあるけど徐々によくなってきている…かな。

Paging Navigation

Navigations, etc.